旅の恥はかき捨て?
ヨーロッパ旅、好きです。
プロフィール

peteru

Author:peteru
女、38歳、夫と二人暮らし。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リトアニア旅行3日目~トゥラカイのホテルでディナータイム。
2017/6/12(月)
17:30

トゥラカイ城を満喫し、ホテルに戻って休んでいたら、外は雨が降ってきました・・・。結構な雨!(。>ω<。)ノ一時間前に行っておかなかったらびしょ濡れになっているところでしたよ。危なかった・・・。ちょっとツイていましたね。



18:30

夕食はホテル内で食べると決めていました!ホテルにはレストランが3つあります。

Apvalaus Stalo Klubas

BONA Lounge

Bona Pizzeria

トリップアドバイザーで調べると、どのレストランも高評価。ここは奮発して、一番上の、Apvalaus Stalo Klubasに行くことにしました。

P1040658.jpg
レストランからはもちろんお城が一望できます。ザーザー降りの雨。ホントに天気がコロコロ変わるなあ。

P1040660.jpg
予想はしてましたが、高級な雰囲気のレストランです。ちょっとビビりながらも、自分を奮い立たせてがんばる。おいしいものが食べたいからがんばる。

P1040662.jpg

P1040580.jpg
窓際にいた女性がモデルみたいに綺麗だったと言ってました。夫が。私は位置的にあまりよく見えなくて残念・・・。雰囲気は梅宮アンナみたいな感じ?板谷由夏みたいな感じ?ドレスアップしていたし、超セレブでした・・・怖気づくわーーー。こんな人が隣りのテーブルだったら萎縮するわーーー。日本人のチッチャイ私なんかお呼びでないですよ・・・。でも周りにもいろんな方々がいたので、ちょっとほっとしました。

席につくと、早速、女性のウェイターさんが「お飲み物は何になさいますか?」と。。。まだメニューももらってないし、何があるかもわかってないうちから、先手を打ってきたではありませんか。食前酒のオーダーでしょうか。東欧だと思ってサービスは二の次かと思いきや、さすが儲かっている(?)レストランは違う。がっついている。西欧風だ。日本風だ。「客が席に着く」→「すぐドリンクを伺う」が、マニュアル化されてるっぽい。食前酒と迷ったけど、ここは「グラスワイン、赤で」と。すると、「どの種類にしますか?」と。「ブルゴーニュ、ボルドー、いろいろあります。」と。。。おお、難易度高い!仕方ない、、、これは最近覚えたアレを言うしかない。バカの一つ覚えと言われてもかまわないから、アレを言おう。

「ピノ・ノワールはありますか?」

キタ━(゚∀゚)━!最近好きになったピノ・ノワール。ちょっと前までは、ガッツリ重めの渋めの、匂いも味も濃いワインが好きだった。しかしアラフォーの我々、重いワインは胃が受け付けなくなってきました。。。そんなときに、ピノ・ノワール。まさかですが、好きになってしまいました・・・。若い時分は「薄い!弱い!」って思ってバカにしてたんだけど(何様)、今はちょうどいい。。。香りがいいし。色々、ちょうどいい。。。

女性の店員さんはニコニコして「OK」と言ってくれました。よかった、あった。ありがとう。。。伝わった・・・。うれしい・・・。1杯目になにを飲むかくらいは、あらかじめ決めとくと、小心者の自分にはいいのかも。勉強になりました。ホッ・・・。こういのがね、緊張しますよね、旅先では。。。

続けざまに、「お水はどうされますか?」と。スティル(炭酸なし)にしますか?それともガス入りにしますか?」と。炭酸水が好きなのでガス入りにしました。

P1040556.jpg
来ました、グラスワインと炭酸水。お水の注文も聞いてくるあたり、サービス行き届きすぎー。ありがたいです。

メニューを見て、、、何にしようか、考えます。

というのは半分ウソです。(;゚д゚)エ?

私たちは、事前に、このレストランのHPを見て、メニューを予習してきたんです。ははは。。。高級店だと知ってたし、外国人相手にオドオドする自分が目に見えてたし。だったら、事前にHPを見てあらかじめ何を注文するか、アタリをつけてから行こう!と、部屋で夫と作戦会議をしてきたのでした。(=゚ω゚)ノ夫はジビエ料理の鹿、私は白身魚を頼む。かつ、スープと、デザートも頼もうかな、くらいのことは目星を付けて来ました。高級レストランですからね、スマートな旅をお見せしたいのでね(゚∀。)アヒャ

P1040560.jpg
「シェフのサービスです」といって出て来た、先付のクリームチーズと貝だったかな、魚だったかな、すみません、緊張していて記憶があいまいデス・・・。しかし、激うまでした。下げてもらうとき、逐一「お味はどうでしたか?」と聞いてくるので、それがまあ、うれしいような、恥ずかしいような。笑顔で、Good Tasteだよ、と言うのが精一杯^_^;

P1040562.jpg
トマトのスープ。スープは、夫と別々の種類を頼んだつもりだったのですが、ウェイターさんのミスなのか、同じものが2品来ました。。。同じトマトスープが来たときは、「ええ!?もう1皿、違う種類のスープが来たらどうしよう!?」と、密かに焦りましたが、トマトスープ一種類だけで終わったので、安心しました。。。ホッ。。。スープ2皿は食べられないですもん・・・。オーダー間違ってますよ!と指摘もせず、いただきます。英語が不得手なもので・・・かつ、小心者なもので・・・。

P1040566.jpg
私のメイン料理。お魚。タラだったかな・・・。あっさりしてるけど、バターソースがこってりなので、いいバランスです。疲れた胃にやさしい・・・。お皿も盛り付けもオシャレすぎて、まぶしすぎました・・・。

P1040568.jpg
夫の鹿料理です。クセがなくてかなりおいしい!魚より肉に軍配が上がりましたね。当然のように、赤ワインおかわりーーー!

P1040573.jpg
デザートです。迷いに迷って、これにしました。メニューとにらめっこしている私に、店員さんが、お手伝いしましょうか?と聞いてくれた。オススメされた二種類のデザートのうち、レストランのシェフがコンクールで賞を受賞したというデザートにしました!チーズとアイスと、チョコレートシフォンケーキのコラボレーション(^^)この茶色い物体がシフォンケーキなわけですが、新食感!!!フンワリというか、フワフワっというか、わたあめみたいというか。。。でもしっかりチョコレートシフォンケーキ。楽しいデザートでした。おもしろいデザートでした。こういうのは、いいですね。このレストランでしか食べられないデザートですもんねー。

P1040575.jpg
夫はおなかがいっぱいだったようで、デザートではなく、白ワインにしてました。それから、コーヒー。大変ごちそう様でした。
グラス赤ワイン×4、白ワイン×1、炭酸水ボトル×1、スープ×2、魚料理×1、肉料理×1、デザート×1、コーヒー×1
で、お会計は、98.5ユーロ、12,000円くらいでした。今日は奮発するぞ!と意気込んで来たので、ちょっとお高めではありますが、東京や北欧なら2倍はするかと思います。かなりお得感があるリトアニア、いいなあ。また好きになりました。。。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行