旅の恥はかき捨て?
ヨーロッパ旅、好きです。
プロフィール

peteru

Author:peteru
女、38歳、夫と二人暮らし。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



劇団ひとり『陰日向に咲く』
★☆☆☆☆

中古で100円だったので購入してみた。
タレント小説を買うのは、さだまさし『解夏』以来。


感想は・・・ひどかった。
この本は、おぼっちゃんの「お遊び」だ・・・。


『解夏』もひどかったけど、さすがにこれは、途中で放棄。
笑えないし、同感もしないし、引き込まれもしない。


たとえば、第一話の「ホームレス」の話。
ちゃんと取材すれば、ちゃんと情報収集すれば、こんなストーリーにはならなかっただろうに。
しらけまくった。


劇団ひとりのコントはおもしろいと思う。
ほんとにほんとにおもしろいと思う。
小説は・・・書かない方がいいんじゃないのかなぁ・・・。


amazonの書評を読んでみた。
みんなはどう思ってるんだろうと。


『これを読むとプロの文章がいかにすごいかがよくわかります。』

おっしゃるとおり。


『どんなにベストセラーであっても 浅い世界は、しらけるだけでした。』

おっしゃるとおり。


『プロの作家が書いたのではないから、これでいいのだろうとも思う。』

そうか。
そういう視点は持ってなかったな。
“本を出す=プロ” と思っていたのが誤りだった。


爆笑問題の太田光も、この本を絶賛していたらしいが、、、。
・・・彼の『まぼろしの鳥』は読むのやめようと思った。

というか、もう、タレントの書いた小説は一切読みたくない。
エッセイならきっとまだ良いのにね。


『ベストセラーに良書なし』

って誰かが書いていた。
なるほど・・・。
関連記事

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学