旅の恥はかき捨て?
ヨーロッパ旅、好きです。
プロフィール

peteru

Author:peteru
女、38歳、夫と二人暮らし。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スペイン旅行~3日目~バルセロナのカサ・バトリョ、カサ・ミラ
≪スペイン 6泊8日 2人旅 日程≫
☆1日目・・・7/17(土) 13:20成田発→アムステルダム乗継→23:00バルセロナ着
☆2日目・・・7/18(日) モンセラット、バルセロナ市内(サグラダファミリア、グエル公園)
★3日目・・・7/19(月) バルセロナ市内(カサ・バトリョ、カサ・ミラ)、マドリッド(国立ソフィア王妃芸術センター)
☆4日目・・・7/20(火) セゴビア、トレド
☆5日目・・・7/21(水) グラナダ(アルハンブラ宮殿)
☆6日目・・・7/22(木) マラガ
☆7日目・・・7/23(金) 17:10マラガ発→パリCDG乗継→
☆8日目・・・7/24(土) 18:00成田到着



スペイン旅行3日目
今日は、バルセロナ市内のガウディ建築「カサ・バトリョ」「カサ・ミラ」(いずれも世界遺産)を見た後、
お昼ぐらいのAVEで、マドリッドへ移動します
ホテルは12:00までチェックアウトすれば良いので、荷物は置いたまま、
朝食後、「カサ・バトリョ」へ向かいます。

9:30のバルセロナ市内。
バルです。
朝食メニューはお安いみたい。
入らなかったけど、キレイなお店ーーー。
DSCN2807.jpg

バルセロナ市内のクラブイベントのポスター。
ポールヴァンダイクとかの名前があるなー。
DSCN2803.jpg

こっちは、デリックメイだ。
DSCN2804.jpg

カタルーニャ広場のホテルから、10分ぐらい歩くと「カサ・バトリョ」が。
この家の所有者(チュッパチャプスの創業者)が国の補助金をもらわずに、
自分たちだけで経営しているらしく、入場料が、16ユーロとえらく高い。
(『地球の歩き方』を見せると10%OFFになりますー)
もともと、2003年のガウディ年だけの限定公開だったはずが、あまりの盛況ぶりに、
期間延長・・・さらに延長・・・そして常時開館へと・・・。
(商業主義に走ったか・・・?笑)
日本語オーディオガイド付きです。
DSCN2812.jpg

ぐにゃぐにゃの外観。
ガイドブックの写真で何度も見たことあるし、大して期待してなかった自分。
でも・・・ホント、行って良かった。
ガウディ建築って、「行って見ないと分からない」のですね。
「明るさ」とか、「触った感じ」とか、「音」とか、
行って、体感して初めて、すごさが分かるというか・・・。
DSCN2814.jpg

くねくねの窓。
DSCN2831.jpg

明るい広間。
DSCN2830.jpg

この太陽の光が入る感じ、いいなー、この部屋イイなー、って思った。
オーディオガイドで「ガウディは太陽光の入り具合を計算しつくしてこの建物を建築した」とのこと。
DSCN2820.jpg

だからこんなに気持ちがいいのか。
DSCN2835.jpg
DSCN2834.jpg
DSCN2826.jpg

階段もぐねぐね。
こういう部分も、「手との馴染み易さ」を計算しつくしているそう。
DSCN2837.jpg
DSCN2828.jpg

家の中央には吹き抜け。
どの階も、均一の太陽光の量になるように、
「太陽光が入りやすい上階の窓は小さく、太陽光が入りにくい下階の窓は大きく」
なっているそうです
DSCN2841.jpg
DSCN2836.jpg

ドア1枚とってみても、しかけがいっぱいありそう。
ABC・・・の順に、それぞれの部屋には、ガウディがデザインしたアルファベットが書かれている。
DSCN2843.jpg

照明もすてき。
こんな間接照明、すごいな。
DSCN2821.jpg

わー。
以下、ウィキペディアより引用。
『邸内でガウディは自然光を効果的に取り込み、そのタイルの濃淡を変えている。
これらの光と色の効果により海底洞窟をイメージして作られたとする説もある。』

DSCN2844.jpg
DSCN2840.jpg
DSCN2853.jpg
DSCN2866.jpg
DSCN2850.jpg

天井の合間から、光。
目みたい。
DSCN2848.jpg
DSCN2849.jpg
DSCN2864.jpg

ガウディさんのホログラム。
DSCN2863.jpg
DSCN2862.jpg

このイスが座りやすかった!
二人の背中が向き合うようなイスで、「内緒話をする」イスとのこと。
DSCN2867.jpg

「カサ・バトリョ」の中には、お茶ができる部屋↓があって、
ガウディデザインのイスに座ってお茶ができます。
私たちは時間が無くてできなかったけど、これから行かれる方には、
是非ともここで、小一時間お茶をしてほしいです
光のさす部屋で、とっても気持ちいいだろうなー。
IMGP0320.jpg

「カサ・バトリョ」の後は「カサ・ミラ」へ。
歩いて5分ほど。
DSCN2923.jpg

うねうねした建物が見えてきた。
DSCN2877.jpg

中はこんな感じ。
DSCN2879.jpg
DSCN2880.jpg
DSCN2896.jpg
DSCN2883.jpg
DSCN2884.jpg
DSCN2886.jpg
DSCN2887.jpg
DSCN2888.jpg
DSCN2889.jpg

屋上に上ると、この有名な「エントツ」
単なるエントツでも楽しいデザインをつけちゃうの、ね、。。。
DSCN2897.jpg
DSCN2898.jpg
DSCN2900.jpg
DSCN2895.jpg

2つのガウディ建築を見終え、11:30くらい。
これからホテルに戻ってチェックアウトして、
AVEに乗るべく、バルセロナ・サンツ駅へ向かいます。

「カサ・バトリョ」も「カサ・ミラ」も、夜はライトアップされ、更にキレイなんだそう。
見たかったな。
(サグラダ・ファミリアのライトアップも見たかった・・・)
バルセロナは、昼に1度一周したら、夜もう1度・・・じっくり周るべきですね。。。

関連記事

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行