旅の恥はかき捨て?
ヨーロッパ旅、好きです。
プロフィール

peteru

Author:peteru
女、38歳、夫と二人暮らし。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スペイン旅行~2日目~いよいよサグラダファミリア
≪スペイン 6泊8日 2人旅 日程≫
☆1日目・・・7/17(土) 13:20成田発→アムステルダム乗継→23:00バルセロナ着
★2日目・・・7/18(日) モンセラット、バルセロナ市内(サグラダファミリア、グエル公園)
☆3日目・・・7/19(月) バルセロナ市内(カサ・バトリョ、カサ・ミラ)、マドリッド(国立ソフィア王妃芸術センター)
☆4日目・・・7/20(火) セゴビア、トレド
☆5日目・・・7/21(水) グラナダ(アルハンブラ宮殿)
☆6日目・・・7/22(木) マラガ
☆7日目・・・7/23(金) 17:10マラガ発→パリCDG乗継→
☆8日目・・・7/24(土) 18:00成田到着



マックをひとしきり食べて、ホテルで小一時間休憩した後、バルセロナ市内散策
サグラダファミリアを見ないことには、スペインに来たとは言えないしー

ホテルから地下鉄で数駅行ったところに、サグラダファミリアの駅があります。
地下鉄を上って・・・後ろを振り返ると・・・ドドーーーン!!!とそびえる、サグラダファミリア・・・
大きすぎて、圧巻すぎて、、、怖かったです・・・。
DSCN2723_20100728164355.jpg

ガウディに関しても、サグラダファミリアに関しても、何の予備知識も持たずに行きました。
そのまんまを見てこようと思って。
大して情報を持たずに行ったのが正解だった気もする。
日本に帰ってからガイドブックとかで調べたところ、
東側のこちら↓が「生誕のファサード」とのこと。
「キリストの誕生から初めての説教を行うまでの逸話が彫刻によって表現されている」とのこと。
DSCN2724.jpg

対して、西側のこちら↓が「受難のファサード」
「イエスの最後の晩餐から磔刑、昇天までの有名な場面が彫刻されている」とのこと。
東側とは全く違うんですよね・・・。自分はこっちが好きだーー。
西側は、「現代彫刻でイエスの受難が表現されており、左下の最後の晩餐から
右上のイエスの埋葬まで「S」の字を逆になぞるように彫刻が配置されている」
らしい。
東側と比べてずーっと抽象的な彫刻。
DSCN2731.jpg
DSCN2761.jpg
DSCN2736.jpg
DSCN2734.jpg
DSCN2733.jpg
DSCN2732.jpg

ところで、サグラダファミリアって、
日の出(東)に「生誕」、南中(南)に「栄光」、日没(西)に「受難」、
というように3つのファサードを太陽の運行と一致させてる
らしいのです・・・
北、東、西はほぼデキてるらしいのですが、南側は全く未完成のようで、、、(笑)。
完成が早まって、「あと20年ぐらいでできる!」と聞いた事があるけど、
素人目にもそれはムリなのでは?と思うわけで。。。
数十年後、「栄光」をまた見に行きたいです!!!

サグラダファミリアへの入場は、10ユーロほど。
長蛇の列だったが20分ほど並んだら入れた。
入場料がサグラダファミリアの建築費に当てられているそう。
内部は、ビーックリですよ・・・。
こんなだとは思ってもみなかった。
すごく幾何学的で抽象的。
柱は、樹木を表しているらしいが、色とりどりで、想像以上にぶっとんでいた。
予備知識ナシだと、こういうところが面白い。
DSCN2737.jpg
DSCN2739.jpg

ステンドグラスも統一感十分。。。キレー。
DSCN2738.jpg

北側中は礼拝堂?も。
DSCN2728.jpg
DSCN2727.jpg

追加で2ユーロほど払うと、エレベータで塔の上の方まで上れます。
もうしばらく来れない(もしかしたら二度と来れない?)だろうと言う事で乗ることに。
エレベータは1台しかなく、ごく狭いので、1回あたりの積載人数が少なく、かなり並びました。
30分ほどかな・・・?
ギュウギュウ詰めのエレベータ内で、係員に料金を払いました。
塔に上るのは、高所恐怖症の方は是非ともご遠慮下さい。
高所恐怖症でない自分さえ、ゾゾゾーっとしましたから
あまりに高さ、あまりの恐怖に、「ヒャー!」って言ってしまったら、
前方にいた欧米の中年女性に笑われました。。。
エレベータを下りて、塔内部と、すごい眺めを見た後は、帰りは、
螺旋階段で「歩き」で下るんですよ。
これが、怖いのなんのって・・・
欧米の方々は、みんな平気そうにしてたけど・・・怖かった・・・
あと、健脚でないと、地上に下りた際に、けっこう、
ヒザが笑います。。。

それから、帰国してからガイドブックで知ったことですが、サグラダファミリアのエレベータって、
2基あったんですね!
受難のファサード側に1基、生誕のファサード側に1基
私が上ったのは、受難のファサード側でした。
“ガウディ自身”が建設したのは生誕のファサードなので、
ガウディが建築した塔を「内」から見たい時は、生誕のファサードのエレベータがイイし、
ガウディが建築した塔の全体を「外」から見たい時は、受難のファサードのエレベータがイイみたいです。
DSCN2751.jpg
DSCN2756.jpg

受難のファサード側のエレベータから見た、生誕のファサードの塔。
DSCN2749.jpg
DSCN2746.jpg

どうでもイイことなんですが、エレベータに並んでいる時、中国人と思われる中年男女2人組が、
「横入り」をして来ました。。。
それを英語で直接注意した欧米人女性が一人いました。
見ず知らずの外国人に注意できる欧米人女性・・・尊敬。強い。
しかし・・・、その注意に反抗した(!)中国人は、もっと強い
悪い意味で、強い
もちろん、そんな中国人は一部なんだろうけど。。。

「これだから東洋人は」と、自分たちまでひと括りにされたらたまったもんじゃない・・・!

国際問題にならないように、、、
はたまた、日本人が悪いイメージを持たれないように、、、
礼儀正しい海外旅行を心がけたい。

海外で出会ういろんな国の人と比較すると(比較できた話じゃないかもしれないけど)、
日本人は、大人しいし、キレイ好きだし、礼儀正しい・・・って気がする。
飛行機内でも。ホテルでも。観光地でも。
そういうのって、結構、「誇り」に思うよ。

人に迷惑をかけないようにしよう。
身の周りを整頓しよう。
ゴミを散らかさないようにしよう。


学校教育について、ニュースじゃ、「あーだこーだ」「ダメだ、ダメだ」って言ってるけど、
案外、日本の教育って、末端に行き届いていると思うよーーー。
違うかなーーー?

ホテルをチェックアウトする時は、必ず、ベッド周り、水周り、キレイにしてから出かけます。
・・・自分の家は、結構汚いけどネ(笑)。
「これだから東洋人は」って思われるの、イヤだもん。

関連記事

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行