旅の恥はかき捨て?
ヨーロッパ旅、好きです。
プロフィール

peteru

Author:peteru
女、40歳、夫と二人暮らし。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リスボン滞在のホテルは変更せず、このまま。
リスボンのホテルですが、一応予約はしましたけれども、この日記にも書いたように、ちょっと迷ってたんですよねー。高いから。
。゚(゚´Д`゚)゚。

もう少し良さそうなホテルがあったら変更しようかなと思っていましたがやめました。結局、Hotel Gat Rossio以上の利便性を誇るホテルが見つかりませんでした。
(っω・`。)

旅番組の録画は相当数観ましたね、リスボン関連の。「大人のヨーロッパ街歩き」、「ちょい住みリスボン」。見過ぎて、HDDが擦り切れるんじゃないか。予習はバッチリ。でも予習や予定の通りに行かないのが旅でございます。絶対になんかある。トラブルはイヤだけど、ハプニングは絶対にある。自明の理。
( ̄^ ̄)ゞ

リスボン関連の映画も観ました。
リスボンに誘われて
という映画と、
リスボン物語
という映画。

前者を見て、ハッとしたこと。

ポルトガルって、わずか40数年前、まだ独裁政権だったんだーーーと。秘密警察とかがいて。自分が生まれるちょい前まで独裁政権。自由がない生活。たった40年前。
Σ(ω |||)

後者に至っては、ヴィム・ヴェンダース なので、私にはもはや理解できない領域。(夫は高評価でしたが)

でも、映画って改めて偉大だと思いました。知らなかったことをガッツリ教えてくれます。旅先への興味もより一層深くなります。人生もより一層濃くなります。(たぶん)
Σ(゚Θ゚)
関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行