旅の恥はかき捨て?
ヨーロッパ旅、好きです。
プロフィール

peteru

Author:peteru
女、40歳、夫と二人暮らし。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リトアニア旅行5日目~芸術のエリア、ウジュピス共和国。
2017/6/14(水)
8:40
聖ペテロ・パウロ教会を出て、バス停に向かう途中、

P1040750_201707202246500f4.jpg
スーパーマキシマがあったので寄ってみる。

P1040753_20170720224651b8a.jpg
たぶん、スーパー内じゃ写真はダメ・・・?なのかもしれないけど、

P1040754_20170720224645043.jpg
撮っちゃった。

P1040755_20170720224646b43.jpg
リトアニアで生活するとなったらこういう洗剤を使って洗濯をしたり食器を洗ったりするのかな。リトアニア語が読めないから、どれがどんな洗剤なのか分からないな・・・。そういうのがおもしろいな。

P1040756_201707202246471c0.jpg
ブイヨンは多数取り揃えてあります。自分たちのお土産として、石鹸や、缶詰や、インスタントラーメンなどを買ってみました。結構買ったのに600円。ありがたい価格です。

9:00
P1040757.jpg
聖ペテロ・パウロ教会の最寄りのバス停から夜明けの門方面へ戻ります。

P1040762.jpg
一旦、夜明けの門まで戻ったけど、また別なバスに乗り換えました。ウジュピス共和国へ行くんです。

IMG_0216.jpg

P1040764.jpg
とことこ歩いて。

P1040765.jpg

P1040766.jpg
カモがいっぱい。

P1040771.jpg
ウジュピス共和国の裏側から入ってきちゃったみたい。

P1040772.jpg
時間があったら来てみよう、くらいに思ってたんですが、意外と来れた。ウジュピス(川向こうという意味)は15世紀ころから主に労働者や職人が住んでいた地域らしい。うらぶれた様相を呈していたらしいですが、ソ連時代後期からそんな雰囲気を好んだ学生や芸術家が好んで住むようになったらしい。今ではヴィリニュスのモンマルトルと言われているらしいです。

IMG_0221.jpg

P1040770.jpg

IMG_0223.jpg

P1040775.jpg
時間が早かったこともあり、お店は開いてないし、ほとんど誰も歩いていませんでしたが、アンダーグランドの匂いはしてました。センスの塊~みたいな若い芸術家さんたちや、我を押し通しているヒッピー風の人たちが集っているのかなという感じです。
関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行