旅の恥はかき捨て?
ヨーロッパ旅、好きです。
プロフィール

peteru

Author:peteru
女、38歳、夫と二人暮らし。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



20日前。
旅行出発、20日前となり、

しかし行けるのか分からない状態でしたが、

再検査となった私の結果は、異常なし、

退院した心筋梗塞の父も、経過良好、

8割がた、旅行決行に傾いて来ました。




色々考えましたね、命について。



私がガンかもしれないことを受け、

優しい言葉をくれたのは、

ガン経験者の、旅ブログ仲間。

いやー、優しかった、、、Dさん。

(T-T)ありがとうございました。

私より20才、30才年上の大先輩ですね。

頂いたメッセージには含蓄がありました。

経験の重みって、とんでもないものだなあと思いました。

もちろん、ガンも心筋梗塞も、

ないに越したことはないとは言え、

それは神様が決める運命、

万民に可能性があること。

受け入れて前に進む力が試される。

どんなことがあっても、寿命のその日までは生かされている。

でもそこには、複雑な感情がワンサカあって、

たぶん、症状そのものよりも、

「不安」や「心配」のほうが、厄介かもしれません。

本人も、周囲もね。

でも、それを乗り越えた経験者の言葉は、

そりゃあもう、心底、優しかったです。

(@_@)




会社の同僚しかり。

お父さんを亡くした人、

両親とも亡くした人の、

経験を越えた言葉は、

自分がいかに未熟でオコチャマかを実感させてくれるのに充分でしたね。



人が成長するのは、

「経験」しかない、

そう思いました。




時を同じくして、同僚の旦那さんが、若くして亡くなりました。

私にはかける言葉もなく、

ただいつも通り仕事を一生懸命するしかありませんでした。



自分にできることを考えました。

お節介ではない、自分にできること。




どんなことがあっても前に進むってことしかないのかもしれないと思いました。

( ・_・)

今まで、死にたいだの、もうダメだ、だの、

自分は何がしたいんだろうと、自暴自棄になること、100万回あまり。

相談に乗ってくれた友人知人、夫には申し訳ないことをしてきましたね。

そんな悩みは「健康」だから出てくるだけ。

一旦、病気や寿命を考えたら、そんなことを口走る余裕はなくなります。



20日後の北欧旅行に向け、

目の前の仕事を一生懸命がんばります。

(。・∀・。)ノ
関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行