旅の恥はかき捨て?
ヨーロッパ旅、好きです。
プロフィール

peteru

Author:peteru
女、38歳、夫と二人暮らし。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ショパンコンクール 決勝 つづき
ショパンコンクールの聴いてない残り3人を聴いてます。

(もう順位は決まって、わかっちゃってるけど、昨日同様順位予想などしてみた)

1~3位
4~6位
7~10位
で予想。


予想    
 ↓  
1~3位  Mr Charles Richard-Hamelin (Canada)
コンチェルト2番は、1番ほど聴きこんでいないので、詳しくは喋れないけど、
この人だったらもっと綺麗に華麗に弾けたのではないかと思ってしまった。
3次までが完璧に抜群にうまかったから・・・。
だから、期待し過ぎたのは大きいけど・・・、いや、でも十分良かったです。
安定感もあります。
チョソンジンさんとどっちかが優勝だろうっていう感じ。


7~10位  Mr Dmitry Shishkin (Russia)
個人的に好きなピアニストです。
ごひいきです。あわよくば入賞してほしいなっていう感じ。
下世話ですけれど、ファイナリストの中では一番ルックスがいいですしね(笑)。
この人の音が好き。このタイプのキラキラの綺麗さが好き。
YAMAHAのグランドもこの人には合っていた。
今回のYAMAHAはうまい人が弾くと抜群にいい音だけど、普通の人だと普通になっちゃう。
しかし、1楽章、2楽章のテンポの揺れがどうにも・・・乗り切れない、楽しめない感じでした。
指揮者が悪いのかもしれませんが、今回のコンチェルトは全体的に遅すぎる、テンポ揺らし過ぎる。
ロシアピアニズム爆発で素敵なんですけど、歌いすぎのような気がしました。
もう少し、流すところは流す方が、ここぞという箇所で泣けるんだけどなあ。
いいところでミスタッチも多かったので、チョソンジンくん&アムランくんレベルには残念ながら至らない感じ。


4~6位   Mr Yike (Tony) Yang (Canada)
テクニックとか音量は抜群なのに、他の人と比べると、どうしても音の固さ、汚さが目立っちゃう人です。
やっぱり手の小ささが起因するところって大きいのかなあ・・・。
3次まであまり応援してなかったんだけど、決勝はなんか、
すごーーーくよかったです(笑)。
3楽章はさすがに疲れが出て来たからか、ミスタッチがありましたけど。
いいわーと思いながら聴いてました。
ころころ評価が変わるドシロウトですみません。
決勝を聴く限りは、シシキンくんより上かもなあって思いました。

*************************************************

で、今朝発表になった、最終結果は以下です。

1位 Seong-Jin Cho(韓国)
2位 Charles Richard-Hamelin(カナダ)
3位 Kate Liu(アメリカ)
4位 Eric Lu(アメリカ)
5位 Yike (Tony) Yang(カナダ)
6位 Dmitry Shishkin(ロシア)

ポロネーズ賞 Seong-Jin Cho(韓国)
マズルカ賞 Kate Liu(アメリカ)

入賞を逃したファイナリストたち
Aljoša Jurinić(クロアチア)
Aimi Kobayashi(日本)
Szymon Nehring(ポーランド)
Georgijs Osokins(ラトビア)



チョソンジンくん、良かった。おめでとうございます。
ずっと前にNHKで彼のコンチェルト(ショパンではなかった。忘れた)を偶然聞いたとき、
思わず二度見してしまうほど、吐き気がするほどうまかったのを思い出します。
なんだこの韓国人はと思ったら、浜コンの優勝者だったんですね(しかも15歳で)。

結果発表を見て、さほど、驚きもせず、順当、正当な順位だなあと思いました。
いろいろ好みはあるけれど、審査員の先生方の真摯な姿勢が見えるようでした。
1人だけ分からないのは、3位のKate Liuさんですね・・・。
しかも、4位 Eric Luさんより上に行くとは。
1次から決勝までおっきなミスがない安定感とそこそこの音の良さからなのかな。
正統派って感じで。

5年前のヴンダーさんほどに泣かせるコンチェルトを弾く方が一人もいなかったのがちょっと残念です。
今回はコンチェルト賞が、「該当者なし」でしたしね。
いや、やはり、ピアニストというより、指揮者が悪かったような気がしました。
5年前の指揮者のほうが、フラットで、自然だった。


一連の夜更かし週間が終わりました。。。
楽しかったです。

また5年後ですね。
関連記事

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽