旅の恥はかき捨て?
ヨーロッパ旅、好きです。
プロフィール

peteru

Author:peteru
女、38歳、夫と二人暮らし。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ロンドン旅行~4日目~大惨事
2015年1月1日 AM11:50

時刻は11:50。

帰国便のゲートがわかる時間だ。

電光掲示板をチェックすると我々の搭乗ゲートはA10。

買い物をしていたこのあたりからとても近いゲートでラッキーだ。

DSCN6528.jpg

あのルイヴィトンの上にある、ラーメン屋さんでお昼にでもしよう。

そう。まだ時間あるし、ラーメンでも食べよう。

(今日のブログの写真はこれ一枚です。
それは緊急のハプニングのためです。ご了承ください。)




余裕余裕。

12:50のフライトだもの。

余裕余裕。





ラーメン店に入り、時刻は12:00。

ラーメン店の名前は「ワガママラーメン」。

なんというネーミングかしら。

しかしこのラーメン店の名前を私は一生(?)忘れないでしょう。

ワガママラーメンを注文し、しばし待つ。

しばし待つ。

ちょっと出てくるの遅いけど、時間はまだ大丈夫だよね。

だって12:50のフライトだもの。





・・・。






さすがは空港なので、「ワガママラーメン」店内にもフライト案内の電光掲示板があり、

ちょっと見て来る。




見て来た。





私、、、顔面蒼白です。。。





なぜならば、電光掲示板にあった文字、それは、





Bording





えええええええーーーーーー。





ボーディングですって!!!!???





つまりは搭乗中。

ファーストクラスからの搭乗は始まっちゃってるってことです。

我々はまだワガママラーメンを食していない。

というか、まだワガママラーメンが来ていない。。。

急いで!急いで!やベーーーぞーーー!

でも、もうちょっとだけ、待ってみよう。

我々はエコノミークラス、、、つまり最後の搭乗だから、走っていけば間に合う。

あと5分以内にワガママラーメンさえ来てくれれば。




5分後・・・。




ラーメン、来ず!!!来ず!!!



やばし!!!

もう私の心臓はバクバクですよ・・・!!!

なんてことだ・・・!!!

焦る、焦る、焦りまくり・・・!!!





もうだめだと思い、店員さんに、つたない英語で懇願する。

しかし、焦っているもんだから、なかなか中学英単語が出てこない、、、



「我々のフライトは、もう、ナウ、ボーディングだから、もうチェックしたいの!

ラーメンが来ないならキャンセルしたいの!

アイ マスト ゴー ナウなの!!よろしく!」




もう、ルー大柴ですよ。

おじさん店員が厨房に確認してくれて、「ラーメンはあと3-5分くらいで来る」と。。。





そうじゃなくて!

チェックしたいのーーー!!!






この時ほど、自分の英語力の無さを恥じたことはありませんね。。。




再びおじさんがやって来て、金額を言われた。

13ポンドだったけど、15ポンド払って残りはチップとすることに。

しかし高い!およそ3000円!

3000円あったら、日本で美味しいモノが食べられますよ!

・・・なーんてことを冷静に考える余裕なんてまるでナシ。




私はもう一度、電光掲示板を見てくる。


すると、、、そこにあった文字は、、、




Flight Closing





ガビーーーーーーーーン!!!

死語だろうとなんだろうと、この時の私の心内は、誰が何と言おうと、

ガビーーーーーーーーン!!!でした。




だって、だって、フライトが、フライトが、

クロージングしちゃったんですよ!

(ノД`)・゜・。。。




完全アウトですよ!!!




電光掲示板の赤文字

Flight Closing

という文字を見た私の精神状態は完全に錯乱しておりました。

この時の焦りって言ったらありませんよ・・・。



急いで夫の元に行き、すぐ店を出ようとすると、なんと、




「ワガママラーメン」が来ているではありませんか!!!





今頃かよーーー!






もう食べている時間なんか絶対にないのです。

有り得ないのです。

私は夫に、

「もう行かないとヤバイ!ゲート閉まっているよ!」

と叫びました。

私は荷物を持って店を出て、A10搭乗口へ向かいました。

夫を店に置いて。

私さえ先に搭乗口に着いていれば、1分なり、2分なりでも、

フライトを遅延させることができると思ったからです。

エスカレーターをドガドガと走り、

思いっきり通路を走り、

たどり着いた、A10ゲート。






間に合ったのか・・・!?
関連記事

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行