旅の恥はかき捨て?
ヨーロッパ旅、好きです。
プロフィール

peteru

Author:peteru
女、38歳、夫と二人暮らし。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ロンドン旅行~4日目~とんだことでございました。
2015年1月1日 PM0:30

A10ゲート、、、搭乗に間に合ったのか・・・?





PM0:30、

A10ゲートには最後の搭乗客と思われる10名ほどが並んでいました・・・。




我々は、、、




間に合いました・・・。

(ノД`)・゜・。








セーーーーーフ・・・。

間に合った・・・。(ノД`)・゜・。

私を追って夫がA10ゲートに到着。

夫婦、間に合いました・・・。

いやー、疲れた・・・。走った走った・・・。

A10ゲートには飛行機はいなくて、バスが待ち構えていました。

そうか、このタイプか、、、。

バスに乗り込んで、広いヒースロー空港を走って、

ヘンな場所から飛行機に乗り込むタイプ。

優先搭乗の人たちは先のバスで行ってしまったらしく、我々の乗ったバスがおそらく最後。



しかし、

ゲートには我々よりも後に乗り込んでくる乗客が数名いた・・・σ(^_^;)

しかも、ゆっくりと・・・∑(゚Д゚)

焦る様子は皆無で、徒歩でゆっくりとやってきているではありませんか。

のんびりゆったりしている女性たち・・・。

余裕綽々っていうものを目の前で見せつけられましたね。。。

(ノД`)・゜・。



なーんだ、焦る必要なかったじゃん!!!



ラーメン食べずに3000円も無駄にして走ってくる必要なかったじゃん!!!

我々がバスに乗り込んでからも10分ほどはバスは動き出さず、最後の乗客を待っていました。

この余裕綽々の女性陣の気質はどこからくるのでしょうか。

東京行きの直行便だから、おそらくは日本人女性だと思われ。

こういう人たちが、仕事で大きな業績を上げ、幸せな人生を歩むタイプなのですよね・・・。

・゜・(ノД`)・゜・。



それに比べて自分の「小ささ」と言ったらありません・・・。

Bordingの文字に顔面蒼白になり、

Flight Closingの文字に焦りまくり、、、

・・・ああ、お恥ずかしい。

良く考えたら、我々はスーツケースを預けているんだし、

預け荷物のある人を搭乗させずに出発しちゃうってことは絶対にないのだ。

テロの可能性があるから。

預け荷物に爆弾をしかけ、自分は搭乗せず逃げてしまうテロの可能性があるから。

空港内で「○○さん(私の苗字)、搭乗口へ急いでお行きください」っていうアナウンスも流れなかったしね。

・・・誰も我々のことを探してはいなかった。(-_-メ)




ここまで焦る必要、なかった・・・。





飛行機へと向かうバスの中で夫曰く、なんと、




「ワガママラーメン」を一口食べてから来たらしい。





なんと・・・!!!あの状況下で・・・!!!

私は一口も食していないというのに・・・!!!

Flight Closingの文字を見て焦ったのは私だけということか!?



「味噌系の味だったよー」

と・・・。 ( ̄▽ ̄)




まあ、冷静に考えたら、

Flight Closingは、進行形だから、厳密には、「搭乗締め切りました」ではなくて、

「搭乗を締め切っちゃいますよー、急いでねー」っていう最終搭乗案内なのだ。

冷静になればわかることだ。

でもあの時は冷静でなんていられなかった。。。

ああ、私の最大の欠点、、、。

ハプニングや緊急事態時、過剰に反応しすぎて、善悪や状況を見誤るという欠点。

こういう時、冷静な人間(=夫)が居ることのありがたみを痛感する。



バスに乗り込むも、私の心臓バクバクは止まらない。

ごめんねー、と夫に謝る。

私の脳は何故か、

出発時刻12:55までにゲートに行けばいいとなっていたのだ。

思い込みも自分の欠点だ。

この思い込みで、何度も過去に冷や汗をかいてきた気がする。





大切なのは、

飛行機の出発時刻とは、「飛行機が止まっている位置から動き出す時刻」ということだ。

「搭乗ゲート締め切り時刻」ではないのである。

だから通常は10分前、バスで行く場合などは20分ぐらい前にゲートは締め切られるのだ。

今回、12時55分発の飛行機の場合、12時55分に飛行機が動き出すことを示す。

バスで送られた人が搭乗し終えてそこから飛行機が滑走路へ向けて始動する瞬間が12時55分なのだ。

だから遅くとも時刻表の20分前にはゲートに行くべきなのです。

しかも、自分の搭乗券にはちゃんと、

GATE CLOSES 12:35

と書いてあるではないか。

しかも、出発時刻よりも「デカく」記載されている・・・。

ああ・・・初歩的なミスを侵してしまったなあ・・・。。

無意識に「出発時間」だけ記憶していたのが過ちである。



帰国してからあれこれ調べて分かったけど、

飛行機に乗るときに気をつけるべきは「出発時間」より「搭乗開始時間」だそうだ。

出発時間は忘れてもいいくらいだそうだ。(>_<)




飛行機に乗り込む。

DSCN6562.jpg

成田空港や他の空港のグラウンドスタッフは、搭乗券に、

「この時刻までにゲートに行って下さいね」と、搭乗開始時刻を丁寧に手書きで書いてくれる。

このサービスに無意識に甘え過ぎていた自分に気づかされた。

今回のグランドスタッフは、たまたまそれがなかっただけのこと。



飛行機搭乗時の極意。

「出発時間」より「搭乗開始時間」に気をつける。
関連記事

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行