旅の恥はかき捨て?
ヨーロッパ旅、好きです。
プロフィール

peteru

Author:peteru
女、38歳、夫と二人暮らし。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ロンドン旅行~4日目~最後の朝ごはん
2015年1月1日 AM7:00

おはようございます。

2015年の朝でございます。

そしてもう日本に帰る日になってしまった。

やはり短いなあ、3泊5日は。



7時から朝食・・・のはずが、今日は祝日、

チェックインの時にそう言えば、

「日曜祝日だけ朝食は7時半からです」と言われてたっけ。

DSCN6480.jpg

間違って早くレストランに行っちゃったので、しばしロビーで待機する。

写真を撮ったり、あくびをしたり、ロビーのソファの形を眺めたり。

暇潰しはいい。

こういう何の目的もない瞬間が、記憶に残りやすいなあ。

忙しく移動してたり、慌ただしく目的を巡っている瞬間の記憶って、薄いもんなあ。



7時半になった。

DSCN6482.jpg

今日はプラスアルファせずにコールドミールだけ。

でも本当に十分な量だ。

フルーツもあるし。

DSCN6483.jpg

物価の高いロンドンで朝食付きのこのホテルはやはりお得だった。

自分でアレコレ検索しまくった挙げ句に決定したホテルはイイ。

失敗することもあるけどね。。。

朝食が激マズだったり、交通の便が悪かったり。

でもそれでもいいの、能動的な充実感が得られるから。



DSCN6488.jpg

朝食後は、旅行最終日朝の定番、ホテル周辺の散歩。

フライトまで時間があまりないので遠くに行くことはできないけど、

ホテル近くを散歩するくらいなら安心してできる。

この土地とのお別れの儀式(?)だ。

もう二度とこの場所に来ることはないかもしれない。

と言うかその確率のほうが高い。

広い広い地球で、ヨーロッパだけでも、入国さえしてない国が山とある。

ギリシャに、クロアチアに、スロヴェニアに、

マルタ共和国、デンマーク、フィンランド、ポーランド、スイス、スロバキア、ハンガリー。

どうせ旅行するなら行ったことのない国に行っておきたい。

もう行きたい国がなくなっちゃった・・・となった時に初めて、

「再訪」ということを考えるんだろうし。



DSCN6512.jpg

通りには全て名前が付いてる。

建物には通りの名前が貼られていて分かりやすい。

DSCN6511.jpg

なんか楽しかったな、ロンドン。

旅の最初は緊張もあって体調不良だったけど、3日目、

体が慣れて体調も良くなった頃に、帰る時間だもんなあ。

仕方ない。

DSCN6509.jpg

体調がいいと、花が綺麗に映る。

DSCN6508.jpg

街灯はこんなにも凝ったつくりになってる。

昨日までは気付きもしなかったなあ。

DSCN6507.jpg

お隣のラッセルスクエアホテル。

宿泊はしなかったけど立派なホテルだったから外観を撮影。

DSCN6492.jpg

散歩する場所は、ラッセルスクエア公園にした。

ロンドンと言えば公園だものね。

季節が春や秋だったらもっと綺麗なんだろなあ。

DSCN6504.jpg

わ!公園じゃアルコールNGなのですね(・Д・)ノ

驚いた・・・。

しかも10万円近い罰金が取られるらしい!

日本のお花見感覚で、ビール片手に公園で飲んじゃったらアウトなのだなあ。






ここで、予想しなかった感動がありましたよ。

このベンチ。

DSCN6497.jpg

ラッセルスクエアにある公園のベンチ。

亡くなった家族や友人の名前が印されていて、追悼の意味を持つものになっているのでした。

亡くなった人と生きている人とのつながり。

感謝や愛のメッセージが刻まれていましたよ。。。(T_T)



そう言えば、映画『ノッティングヒルの恋人』で、

ジュリアロバーツ演じるハリウッドの人気女優アナが、

ヒューグラント演じる本屋の店員ウィリアムに言う台詞にこんなのがあった。

プライベートガーデンにあったベンチに、

男性から亡き女性への献辞が刻まれていて、それをアナが読み、

淋しそうに、羨ましそうに、

「一生、添い遂げる夫婦もいるのね・・・」と。

このシーンを見た時、何故ベンチに献辞が刻まれてるんだろう?と思っていた。

けどロンドンに来て、ラッセルスクエアのこのベンチを見て分かった。

イギリスではベンチに献辞を刻む慣習があるのだと。

寄付という形で。

DSCN6500.jpg

庭園の文化の国ならではですね、、、。

なんかステキだなあと思っちゃいましたね。

嬉しいですよね、最愛の人の名前が刻まれたベンチ。

死は、残された者にとってつらいもの。

淋しくなったら、名前が刻まれたベンチに座って、

緑を眺めたりしたら、少しは気持ちがあたたかくなるかもしれない。

DSCN6499.jpg

DSCN6502.jpg

ロンドンの冬の空気と緑をしばし楽しむ。
関連記事

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行