旅の恥はかき捨て?
ヨーロッパ旅、好きです。
プロフィール

peteru

Author:peteru
女、38歳、夫と二人暮らし。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ロンドン旅行~3日目~まさかの中華街
2014年12月31日 PM5:30

前方に見えるは、中華街。

チャイナタウンっていうのはどの国にもあるんだなあ。

中国人ってすごいなあ。

だってジャパンタウンっていうのは聞いたことないもん。

日本のお寿司やラーメンは海外でもすごく流行っているのになあ。

IMGP0444.jpg

北京ダックのお店がたくさん。

DSCN6445.jpg

丸焼きーーー。ぶら下がりーーー。

グロテスクなぶら下がりっぷりは、日本の横浜中華街とあまり変わらず。






腹ごしらえしなくてはと、そこそこ空いていた一軒の中華料理屋へ入店した。

DSCN6454.jpg

まずは卵とフカヒレのスープを夫と半分こ。




・・・って、まさか、イギリスでチャイナタウンに入るとは!

全くもって予想してませんでしたσ(^_^;)




チャイナタウンがあることは事前情報で知っていたけど、

ロンドンまで来て中華なんて絶対食べるわけないじゃーーーん!

・・・と出発前まで思っていた。

12時に大量のフィッシュ&チップスなどを食べた後だったし、さほど腹も減っていなかったのだが、

19時から行われる旅の「クライマックス」のために、

我々は何かお腹に入れておかなくてはならない義務感があった。

カフェでサンドイッチをつまむくらいが本当は良かったんだけど、

そんな適当なカフェは一向に見つからず、仕方なくこの中華料理店に入ったのだった。

二人で入店するのに一品だけっていうのも失礼な気がしたので、

スープ一品とチャーハン一品を二人で半分こすればいいんじゃない?っていうことで。




で、出てきたこのスープ・・・。




うまい・・・うまいではないか・・・Σ(゚д゚lll)




DSCN6457.jpg

そして、チキンチャーハン・・・。



うまい・・・うまいではないか・・・Σ(゚д゚lll)



今思い出しても、ヨダレが出る思いである。



さすがに中華料理、量はかなり多いため、残してしまったんだけど、

チャーハンのチキンのやわらかさといったらなかったのである。

ふっくら、ホロホロとして、非常に優しい味わいなのである。

36年生きて来て、これまで食べてきたチャーハンの中でナンバー1の美味しさと言っていい。

そして、我々はあることに気付いてしまったのだ。




我々は、




醤油系の味が恋しかったのだψ(`∇´)ψ





・・・ああ、言ってしまった・・・。

これだけは言いたくなかった・・・。

しかし言ってしまった・・・。



欧州旅行を生き甲斐とする身であるにも関わらず、

ロンドン滞在わずか3日目にして、このど素人なセリフを吐いてしまうとは・・・。

嗚呼・・・。

「ロンドンはやっぱりフィッシュ&チップスだよねー!」

「ロンドンのエールパイの味はサイコーだわー!」


と、ヨーロッパ風を吹かせてなんぼであるというのに・・・(ー ー;)

ココロの奥底にある本音というか、日本人たるサガというものは隠し切れないものだなあ・・・。

韓国人のキムチ、

スイス人のチーズ、

そして、

日本人の醤油である。

舌が欲する欲望はもはや本能であるなあ・・・。



このお店の名前は忘れてしまったんだけども、中国人のお客さんも多かった。

有名な店なのかなあ。

もちろん中国語でやりとりをしていて、

母国語でやりとりできている店員さん&お客さんを羨ましく思った。



このお店はコスパもなかなか良くて、

フカヒレスープ、チキンチャーハン、飲み物も頼んで、二人合計20ポンド弱ぐらい。

3800円くらいかな。



腹ごしらえしましたので、これよりロンドン旅行のクライマックス、

メインイベントへと参ります。

いざ出陣であります。


名曲、

『民衆の歌』の場所へ!

Do you hear the people sing ・・・?


関連記事

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行