旅の恥はかき捨て?
ヨーロッパ旅、好きです。
プロフィール

peteru

Author:peteru
女、38歳、夫と二人暮らし。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ロンドン旅行~3日目~ロンドンのパブへ行こう
2014年12月31日 PM0:00

スーパーで買い物したものを両手にたっぷりぶら下げてホテルに帰る道すがら、

美味しそうなパブがあった。

ロンドン初日からずっと目をつけていたパブである。

このパブで必ずやフィッシュ&チップスを食べよう!と、虎視眈々と狙っていた。

ホテルの近くにあるから、荷物をたくさん持ってても、ビールを飲んで酔っ払っても安心の距離。

ここでランチにしよう。

DSCN6394.jpg

FRIEND AT HANDというパブである。

DSCN6393.jpg

なんかイイ雰囲気である。

飾り付けも家具もかわいい。

清潔感もバッチリである。

清潔感で思い出されるのは、スペインのセゴビアのレストラン

ハエがブンブンで、驚いたっけなあ・・・σ(^_^;)

夜は混むのだろうが、今は昼どき。

広い店内にお客さんは5-6人。

混み過ぎてると緊張して怖じ気づいちゃうので、ちょうどいい感じの人数だ。

DSCN6388.jpg

イギリスに来たからにはフィッシュ&チップスを食べなくては。

パブだからね、カウンターでキャッシュオンのシステム。

いろんな種類のビールがあって迷う。

50歳くらいと思しき太った店員のおじさんにオススメを聞いてみた。

「これとこのビールが伝統的でオリジナルでオススメだよ」とおじさん。

「おお、おお、OK、OK」と私。

スモールサイズを2種類注文した。

「何か食べることは出来ますか?」と聞くと、「もちろん」とおじさん。

すごく優しくて、英語が得意でない観光客にも慣れた感じだった。

ありがたやーーー(*^^*)

この付近はホテルが多いし、お客さんには私たちのような外国人も多いのだろう。



メニューを見て、お約束のフィッシュ&チップスと、私が前々から食べたいと思ってたエールパイを注文。

スモールサイズのビール2杯と料理2品で5000円ちょい。

ビールだけ受け取って席へつく。

料理は後から持ってきてくれる。



DSCN6384.jpg

ビール。

一口飲んだ夫が何とも言えない微妙な表情をしている・・・( ̄O ̄;)





炭酸がほぼ入って無い・・・。

まったーりとしたビール・・・。




おいしくない・・・。




イギリスらしいビールである。。。

日本のピルスナータイプのような、キリッとシュワシュワとした喉ごしを期待していた夫。

2種類ともイマイチであった。

開栓後2時間経ったような気の抜けたビールの味わい(笑)。

イギリスのビール・・・口に合わずσ(^_^;)



10分後、料理が運ばれてきた。

DSCN6396.jpg

デカい!

量が多い!

これはエールパイ。



DSCN6397.jpg

これはフィッシュ&チップス!

江戸時代の草履くらいの大きさのフィッシュだ。

おじさんが運んで来た瞬間、驚きで歓声をあげてしまった我々。

それを見て、おじさんは笑っていた。



DSCN6395.jpg

食べ切れるのか?この量を・・・。

あら、でも美味しい。

エールパイはサクサクのパイの中にビーフシチューのようなお肉や野菜がゴロゴロ。

アツアツである。

フィッシュ&チップスも、衣がサクサク。

味付けはテーブルにあるビネガーやケチャップなどで自分で味付けする。

フィッシュ自体にはほとんど味がついてない。

イギリスのフィッシュ&チップスはほとんどこうらしい。

DSCN6400.jpg

ね、デカいでしょ。

必死に食べる我々。

美味しいパブだー。当たりだった。

優しいおじさん店員と写真を一緒に撮れば良かったな。

英語圏ということで、私たちはフレンドリーに振る舞えなかったのでした・・・(~_~;)

チェコでもスペインでも、臆せず店員さんと記念撮影してきた我々。

チェコ語とかに比べたら、英語の方がはるかに理解できるのに。

リトアニアやチェコならば、現地の方は、

「私たちの母国語はマイナーだものね、アジアの人はきっとわからないよね」

という感じで、暗黙のエクスキューズを持って接してくれる。(気がする)

しかし、英語圏は、

「世界の共通語の英語だもの、アジア人だろうとなんだろうと、喋れるのが普通でしょ」

という感じで、若干の劣等感の下に滞在させられる。(気がする)


DSCN6402.jpg

炭酸がないビールにしびれを切らした夫は二杯目に、

バドワイザーを買ってきた(笑)。

イギリスなのにバドワイザー(笑)(・ω・)ノ

しかしこれこそは間違いのないシュワシュワタイプ。

やっぱり我々はシュワシュワしたピルスナータイプの方が好きなのだなあ。



あ、ちなみに、今まで行った国の中でビールの美味しい国No.1の国は、

チェコである。

チェコのビールは抱腹絶倒のうまさである。



DSCN6403.jpg

これで限界!

すごく美味しかったんだけど、チップスは2人とも残しちゃったなー。

お隣のドイツ人?北欧人?らしき二人組は、普通に完食する感じだった。

ヨーロッパ人の胃袋はデカいなあ!
関連記事

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行