旅の恥はかき捨て?
ヨーロッパ旅、好きです。
プロフィール

peteru

Author:peteru
女、38歳、夫と二人暮らし。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ロンドン旅行~3日目~ラッセルスクエアの動物
2014年12月31日 AM11:00

大英博物館を猛烈に駆け抜け、後にする。

英国の威信をかけたすごい博物館であったことは確かだった。

間違いなく世界一の博物館だろう。

対して、自分の知識量が及んでいないのは致し方ないというもの。

教え方が殺人的にヘタクソだった高校時代の世界史の先生のせいにしよう。




20代だったなら「素晴らしかった」だの「感動した」だのと熱弁しただろう。

しかし自分はもはやアラフォー、カッコつける時代はとうに過ぎちゃった。

興味ないものは興味ないと白昼堂々言いたい。

自分の旅行ブログを読んでみても、

20代の時のオランダ・ベルギー旅行記とかチェコ旅行記とかは、まだまだだなあ。

イイことや楽しいことしか書いてないものσ(^_^;)

失敗があっても失敗と認めたくなかったし、書きたくなかった。

失敗なんて恥ずかしいことだと、人様に見せるものではないものだと思っていた。

明るく楽しいことだけを書くのが旅行ブログだと思っていた。

でもいろんな人の旅行ブログを読むと、

失敗やナンセンスなことや恥ずかしいことを書いた人たちの方がずっと面白いと分かった。

成功事例ばかりの旅行記だとあんまり面白くない。

正直な旅行ブログを書きたいぞー・・・(・ω・)ノ




博物館前のお土産屋さんに写真スポットが。

お約束で写真撮影。

DSCN6364.jpg

衛兵さんとクマのパディントン。

DSCN6366.jpg

サドル、高いーーー。

ヨーロッパ人は足が長いのだなあ。

ロンドン市内にはレンタサイクルが至る所にある。

使用料金を払って乗り捨てOKの便利な代物らしいが、使用せず。

DSCN6375.jpg

ダブルデッカーの後ろ姿。

DSCN6367.jpg

道路が広い。

気持ちがいい。

外国人が「日本の嫌いなところ」として、「道が狭い」ことを挙げるのもうなづける。

確かにね・・・。

こんな広い道路と比べちゃうとね、、、心まで狭くなっちゃう気がするもの。

国土が狭い日本、、、仕方ないんだよなあ。

神経質な気質はお国柄だなあ。

DSCN6368.jpg

ラッセルスクエアに戻ってきた。

DSCN6369.jpg

ロンドンにいると、おのずと公園が好きになる。

ガーデニングの国、イギリス。

心が癒されるね。

春だったらもっと素敵だっただろうな。

DSCN6371.jpg

リス発見!!!

DSCN6372.jpg

人懐っこいんだね。ロンドンのリスは。

DSCN6373.jpg

お散歩していた小型犬がリスを追っかけていた。

公園内で犬vsリスのちょっとしたレースが繰り広げられた。

小型犬はリードを外していたので走り放題。

リスも小型犬もすごいスピードである。

DSCN6374.jpg

レース結果、リスがwinner。

リスは木に登って逃げ切ったのだった。

さすがの小型犬もこれには降参。

犬は木には登れない。

リスの勝ち。

写真は、茫然とリスの後ろ姿を見送る小型犬の姿。

公園で繰り広げられたリスと犬の運動会にちょっと興奮した。



DSCN6376.jpg

我々が向かう先はスーパーである。

DSCN6377.jpg

ここ、Waitrose。

ホテルから徒歩6-7分のところにあるということを事前にチェックしていた。

ロンドンのちょっと高級な部類のスーパーらしい。

ロンドンには、テスコやセインズベリーといった大型スーパーのチェーンがあるが、

ウェイトローズは百貨店の食品部門であり、「デパ地下」みたいな感じらしい。

レベルの高い食材を提供しているらしい。

楽しそう。

お土産として紅茶やビスケットなどイギリスっぽいものを買いたいときにも便利らしい。

オススメはウェイトローズのプライベートブランド商品だって。

行ってみよう。
関連記事

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行