旅の恥はかき捨て?
ヨーロッパ旅、好きです。
プロフィール

peteru

Author:peteru
女、38歳、夫と二人暮らし。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ロンドン旅行~3日目~ 大英博物館へ
2014年12月31日 AM9:40

ゆっくり朝食をとったので、ホテルを出た時刻は9:40過ぎ。

いつもセカセカしているヨーロッパ旅行では珍しく、のんびりした出発時刻だ。

いいことだ。

貧乏性の私は、急いて急いて急いての生き方なのである。

せせこましいのである。

のんびり生きたいのは山々なのだけど・・・。

DSCN6285.jpg

ホテルの前の建物。これもホテル。立派だなあ。

古い建物だなあ。

新築の家に新築のマンションに新築のホテルが良しとされているのは日本ぐらいなのかもなあ。

日本じゃ、気候のせいもあるだろうけど、築100年以上の家屋は身近にはほとんどないもんなあ。

いつかは新築戸建を建てて持ち家にして住む、

それが未だに日本の常識だもんなあ。

日本の常識は世界では非常識・・・?σ(^_^;)




DSCN6287.jpg

目の前はラッセルスクエア。

DSCN6289.jpg

テクテク歩く。

大英博物館へ向かっている。

DSCN6290.jpg

イギリスらしい玄関。

DSCN6291.jpg

ここもホテル。

ラッセルスクエア駅周辺はホテルが多い。

DSCN6292.jpg

ロンドンと言えはこの赤い公衆電話。

中は・・・汚いし、饐えた臭いがする・・・(~_~;)

DSCN6294.jpg

ロンドンタクシー。

かわいいな。

今回の旅では一度もタクシーは使わなかった。

DSCN6295.jpg

着いた着いた、大英博物館。

ホテルから徒歩10分くらいの場所にある。

ロンドンを訪れた人は誰しも来るだろう博物館。

泣く子も黙る巨大博物館。

イギリス国の威信をかけたお宝だらけの博物館。




この大英博物館で、

我々はとある暴挙に出るのであった。
関連記事

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行