旅の恥はかき捨て?
ヨーロッパ旅、好きです。
プロフィール

peteru

Author:peteru
女、38歳、夫と二人暮らし。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ロンドン旅行~2日目~アポロ・ヴィクトリア・シアターへ
2014年12月30日 PM5:30

ホテルを出て地下鉄でヴィクトリア駅へ向かう。

これから、ロンドンに来た最大の目的地へ出発である。

ラッセルスクエア駅からグリーンパーク駅で降り、ヴィクトリアラインに乗り換え、ヴィクトリア駅下車。

DSCN6242.jpg

着いた。

ヴィクトリア駅はまたしてもデカい駅・・・!

都会だ・・・。

旅人がガンガン行き交っている。

DSCN6241.jpg

どこから出れば目的の場所に行けるか分からなかったのでしばしウロウロする。

するとインフォメーションのお兄さんが声をかけてくれた。



私:「アポロ・ヴィクトリア・シアターに行きたいのだけど」


お兄さん:「今こっち側は工事をしているから行けないよ。駅構内を通って向こう出口から出てすぐだよ」



DSCN6244.jpg

着いた!

すぐわかった!建物が緑一色だ!!!

我々は、ミュージカル『ウィキッド』を観るのです!!!

IMGP0423.jpg

今、この写真を見返しても、信じられない気持ちなのである。

現地で劇場を目の前にして、ちょっと鳥肌が立った事実。

本当に行ったのだなあ。

憧れのイギリスに、本場のミュージカルを観に。

生まれて初めてミュージカルを観たのは、もちろん日本。

その一発目が『マリーアントワネット』という作品だった。

日本オリジナルの作品で、母親と東京見物をしていてたまたま時間が余ったので観ただけだった。

この私がミュージカル!と、半ばバカにしてたのだったが、これが大当たりだったのだ。

感動のあまりに泣いたのでした。(母親は寝ていた)

日本のミュージカルとしては珍しく大ヒットの作品だった。(そんなことは知らずに観た)

遠藤周作の小説『王妃 マリー・アントワネット』を原作としたミュージカル作品で、

東宝が脚本家のミヒャエル・クンツェと作曲家のシルヴェスター・リーヴァイに依頼し製作、

2006年11月1日に帝国劇場にて初演されたもの。

後にドイツでも翻訳されて上演された。

私は新妻聖子というミュージカル女優に惚れたのだった。



その後、様々なミュージカルを味見のようにチョコチョコ観ているうちに、

どうやら自分はミュージカル全般が好きなわけではなく、

演目次第なのだということが分かってきた。

たとえば『ライオンキング』とか『ミス・サイゴン』は、あまりハマれなかった。

そのうちに、劇団四季がやっている『ウィキッド』に感動。

いつか絶対に本場で観てやると誓ったのだった。

DSCN6252.jpg

そこから5年後。思ったより早かったな。

叶えられる夢は叶えたい。

なんとかできない難しい夢はムリですが。。。

億万長者になるとか、オリンピックに出るとか、器のデカい人間になるとかはムリだけど、

なんとかできる夢はなんとかしたい。



CDを何度も聴いて、YouTubeでもガンガン観た。

正社員時代、イヤで仕方なかった会社に行く時も、ウィキッドのDefying Gravityを聴いて自分を奮い立たせた。

その最高峰が今から聴けるのだ。



ブロードウェイでの主役エルファバは、流行りの『アナと雪の女王』のイディナ・メンゼル。

イディナ・メンゼルのDefying Gravityは何百回聴いたか。

ここロンドンでは、だれの、どんなDefying Gravityが聴けるのだろう。

DSCN6253.jpg

夢見心地というか、なんとも言えないフワフワ感がある。

DSCN6250.jpg

エルファバ、グリンダ、私たちは日本からはるばる来ましたよ。

DSCN6248.jpg

ディラモンド教授、マダム・モリブル、楽しみにしていますよー。

DSCN6274.jpg

既にチケット購入は日本で、インターネットから済ませている。

現地会場のBOX OFFICEに行って、予約メールをプリントアウトしたものと、

決済で使ったクレジットカードを見せればチケットを引き換えてもらえる。

現在時刻は18:30。

19:00開場、19:30開演なのでちょっと早いのだが、ロビーに入って待つことにする。

写真を撮ったり、夫とふざけたり。

DSCN6256.jpg

お土産を売っている。

DSCN6257.jpg

ロビーも照明は緑。

緑一色。エルファバの色。エメラルドシティの色。

ロビーではお菓子やアルコールを売っている。

開場30分前にはこんなガラガラでしたけど、





DSCN6261.jpg

開場時刻になると、こんな大混雑。人人人。

ロビーは身動きが取れなくなるくらい。

これはほぼ満席だろう。

若い女性が多い印象だ。

ツアー観光バスみたいなので来る団体客もいた。



さて、開場時刻になりましたよ・・・。
関連記事

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行