旅の恥はかき捨て?
ヨーロッパ旅、好きです。
プロフィール

peteru

Author:peteru
女、38歳、夫と二人暮らし。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ロンドン旅行~1日目~タワーブリッジ
2014年12月29日 PM6:30

バスを途中で降ろされ、ココはドコ状態になってしまったが、

次にやって来た188番バスに再び乗車した。

そして、ソワソワしながらもなんとなく、ここなんじゃないか?というバス停で降りてみた・・・。

観光客もいっぱい降りたし、『地球の歩き方』の地図を見てもだいたいここかなと。

降りて歩いてみたが、合っているのかイマイチ不安である。

しかし寒い・・・。



しばし迷いながら歩くと、タワーブリッジらしきものが見えて来た。

そちら方面へ向かって歩いてみる。





着いた・・・。

おおおっ・・・。






寒いけど、タワーブリッジの上を歩く。

IMGP0350.jpg

観光客が多い。

IMGP0354.jpg

クルマも結構多い。

DSCN6093.jpg

でっかいなあ。

DSCN6092.jpg

ロンドン市内の高層ビルが見渡せる。

イイ景色だ。

DSCN6110.jpg

対岸にあるのは、ロンドン塔。

DSCN6098.jpg

ロンドン塔の近くに来てみた。

入場はせず。

DSCN6101.jpg

再びタワーブリッジを引き返し、遠巻きにタワーブリッジを見てみることにした。

IMGP0359_20150106195518fa8.jpg

光り輝いているよ。

IMGP0360_201501061955198ec.jpg

『地球の歩き方』の言葉を借りますと、

「イルミネーションに浮かぶ姿はまるで夢のかけ橋」。

DSCN6102.jpg

ロマンティックが止まらない。

DSCN6113.jpg

タワーブリッジは堂々として佇んでいる。

ロンドンだよ、おっかさん。






・・・と、今、この旅行ブログを書いている日本の自宅の部屋は25℃。

暖房が効いてポカポカである。

写真を見返してみると、ロンドンの夜景を心底楽しんだかのように見える。





しかし、





実際はそうとも言い切れないのでした・・・(笑)。





この夜のロンドン、およそ-2℃。。。

雨は降っていなかったがやはり寒かった。

冬のロンドンなのだから当たり前なのだけど。

・・・で、ワタクシ、体調がイマイチな状態となっておりました・・・。

デターーー、、、旅の定番、体調不良・・・。

お恥ずかしい限りです・・・。

ダルくて、足元もおぼつかない。

日本からほぼ24時間寝ていないわけだから(飛行機でも興奮であまり眠れなかった)当然と言えば当然か・・・。

心身に余裕がないため、夫と会話らしい会話もできず、

ただひたすら歩くだけになっておりました・・・。

夫に申し訳ない有り様でした。

でも写真を撮りたいし、道は把握しなくちゃだし、

次に行くバス停も探さなきゃだし、オナカも空いたし・・・。

結果・・・イライラもしておりました・・・。

嗚呼、素の自分はこんなですよ・・・。

なぜ、ドーーーンと前向きに生きられないのか・・・。

こんな自分でゴメンナサイと、自己嫌悪になっておりました・・・。

どうにも止められないダメダメな感情・・・。

小学生からずっとこんなですよ。

36歳の今になっても治りませんでしたね、結局。

皆様はありませんか?こういうこと。

私だけかなあ・・・。

見知らぬ土地での個人旅行・・・、しかも初日。

不安いっぱい、プレッシャーもいっぱい・・・。

思考回路が誤作動を起こしてマシタ・・・。



こんなに夜景はキレイなのにねぇ・・・。

ダメダメな自分に同行してくれるのは夫ぐらいなものですよ・・・。

おとなしくホテルに帰って寝ればいいのに、脳味噌がエラー状態で冷静な判断ができないのでした。

まだもうしばらく夜のロンドンを彷徨うことになります・・・。
関連記事

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行