旅の恥はかき捨て?
ヨーロッパ旅、好きです。
プロフィール

peteru

Author:peteru
女、38歳、夫と二人暮らし。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ロンドン旅行~1日目~成田空港第2ターミナル到着
2014年12月29日 AM8:20

空港バスが成田空港第2ターミナルに到着した。

予定では所要時間120分で、8:55着予定だったけど、

道路が空いていたため、90分足らずで到着。

お正月でみんなもう帰省済みらしい。

都内は閑散としている。

非常にラッキー。

DSCN6030.jpg

定番の空港掲示板だ。

これを写真におさめないことには、旅が始まった感じがしない。

自分たちの乗る飛行機に、遅延やゲート変更などはないようだ。

良かった。

DSCN6039.jpg

早速、ブリティッシュエアのチェックインカウンターに向かい、チェックインをする。

通常だと搭乗の24時間前に、自宅でオンラインチェックインをし、座席指定ができる。

しかし今回は、JALとブリティッシュエアの共同運航便だからなのか、オンラインチェックインが何故かできないのだった。

夫とは隣席がいいので、早めに空港でチェックインして座席を確保したい。

フライトの3時間弱前、早めに行ったからか、

29J、29Kの隣席を確保できた。

今日は満席らしい。

チェックインカウンターのお姉さんが、

「手荷物検査や入国審査はかなりの混雑が予想されますので早めに行って下さいね」

とのこと。

了解しました。

DSCN6032.jpg

暇なので成田空港内をウロウロする。

第2ターミナルは久々だ。

第1ターミナルよりキレイだな。

3aa995dd.jpg

時間を持て余した時のために、文庫本などを購入。

しかしながら、この本を開くことは旅の間中、一度もなかった。

まあ、それならそれで、いいに越したことはない。

だって、こんなことに遭わなかった証拠だもの。

時間を持て余すなんてことがなかった証拠だもの。

あの時の時の流れの遅さはひどかったなあ。

大袈裟だけど、旅の神様に見放されたとさえ感じたものだった。

見知らぬ土地では、ちょっとしたトラブルでガクーーーンとテンションが落ちる。

旅はとてつもなくナイーブなのだ。

DSCN6033.jpg

出国審査をして、

IMGP0315.jpg

手荷物検査もクリアして、お昼ごはんにした。

焼鮭定食。

それから、朝からビール。ははは。

うまい。のどごしスッキリ。

さすがに日本のビールはうまい。

二人で朝定食とビールで3500円ほど。

なかなかの空港価格だ。

しかしこれから、この二倍の物価国イギリスに向かうわけだけど。

嗚呼、不安である。

1ポンド=200円近いのである。

フィッシュ&チップスは10ポンドするのである。

驚愕の高さだ。

だからでもありますが、この旅のテーマは、節約とも言える。

前回の物価安だったバルト三国旅行のようにはいかない。



IMGP0317.jpg

搭乗ゲートは72番だ。

DSCN6046.jpg

72番は、割と近かった。

時として、空港内なのに、1駅分くらいあるんじゃない?と思うほど歩くこともあるけど、

今回は近い、近い。

DSCN6047.jpg

着いた。

余裕を持ってゲートに到着。

親に電話などして、友人にメールなどして、出発の準備完了。



成田ではこんな風に余裕を持ってゲートにいたのだなあ。

往路の成田では、余裕綽々でフライトを待てたのに・・・。

・・・復路のヒースローでは、どうしてどうして・・・、

あんなことになってしまったのか・・・、

復路のハプニングにつきましては、まだまだ先の話です・・・。
関連記事

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行