旅の恥はかき捨て?
ヨーロッパ旅、好きです。
プロフィール

peteru

Author:peteru
女、38歳、夫と二人暮らし。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



帚木 蓮生『賞の柩』
★☆☆☆☆




「ノーベル賞の裏側に隠された真実を負え!」という帯に惹かれて買った小説。

もちろん文庫。

・・・。

おもしろくない。

途中までは、「おお、なかなかイケるかも!」なーんて思ってたんですけど。

さすが、東大仏文と、九大医学部を出た作者だけあって、

場面の描写力も、医学の語彙力も相当なもんです。

普通の作家は、たくさん取材したとて、ここまで描けないでしょう。

でも、

「だからなに?」

って感じです。



サスペンス感もいまいち。

伏線は、回収されてるんだかなんだかよくわからない。

サスペンスになっていないかわりに、ヒューマンドラマにもなっていない。





作者の「ココロ」はいずこ?





優秀なIQの人が、さほど腐心せずに書いたと思しき、

さっぱりおもしろくない小説。





・・・と、暴言を吐いてごめんなさい。

ド素人のくせに。




今読んでいる、全く違う作者の別な本、

上下巻の文庫なんですけど、



超おもしろい。




雲泥の差!

感想はのちほど。
関連記事

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学