旅の恥はかき捨て?
ヨーロッパ旅、好きです。
プロフィール

peteru

Author:peteru
女、38歳、夫と二人暮らし。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



バルト三国旅行 ~7日目~ 盗難。
やられたーーーーーー!!!!!





スーツケースの中身の盗難に遭いました。。。


利用航空会社:アエロフロート航空。


この悪名高い航空会社を我々は一生忘れないでしょう。






夫に、「お札が一枚もない!」と伝えると、

マジか・・・という表情。。。

いろんな記憶をたどって、いくら入れていたか思い出してみると、

おそらく日本円は20,000円くらいだったかと。



それが見事にお陀仏になりました。




しかし、盗られたのは、日本円のお札のみ。


SDカード、あった!

カメラ、あった!

お土産、あった!

洋服、あった!


のです。



お財布の中の硬貨だって一切無くなっていない。



やられたのは、日本円のお札のみ。



不幸中の幸いです・・・。




預け荷物の中に「貴重品を入れてはいけない」のは、常識ですから、

我々が悪いのは承知です・・・。。。

ミスだった・・・。。。

盗られた我々が悪いのです。

海外を甘く見ていたんだと思います。




赤外線のスキャンで、スーツケースの中に財布があるなんていうのは、

一瞬で分かったんでしょう、空港係員の悪い輩の方は。




見事な盗難っぷりだと言わざるを得ない。





換金できない硬貨にも、クレジットカードにも一切手を触れず、

私のデジタルカメラにも、どうでもいいお土産にも一切手を触れず、

狙うは「現金紙幣のみ」という分かりやすさ。

しかも、盗難の仕事の後は、

巻かれていたベルトをちゃんと元に戻すという丁寧さ。





敵ながらアッパレと言う他ありません。。。




見事な仕事っぷりだわ。

金持ちが多い、かつ、セキュリティが甘いと思われる日本人の日本便の

預け入れ荷物を狙うあたり。

抜かりないわ。



こじ開けられたスーツケースのカギ付近には、若干の傷がついていた。

スパナ?バール?のようなものでこじ開けたんだろう。

元々のカギを入れてみたけど、もう施錠はできなくなっていた。

壊れました。




旅行から帰ってきて

2ヶ月経つ今だからこそ、こう冷静に感想を書けるけれど、

盗難に気づいた帰国のあの日の我々の心境をお察しください・・・。

楽しかった旅行の最後の最後にヤラれたあの不遇な感じ・・・。

怒りと悲しみをどうしたら良いのか分からないあの切ない感じ・・・。


自分の精神状態は、健全ではなかったと言えマス。。。







さて、どうするか。

これから、どうアクションをとるか。



転んでもタダでは起きたくない。



取りあえず、いろいろ調べて、

壊れたスーツケースが、

事前にかけて行った損保ジャパンの海外旅行保険でなんとかなるか、

あるいは、

スラれた現金は、何等かの保証はあるのか、

損保ジャパンに問い合わせてみることにした。




つづきはこちら。
関連記事

テーマ:ヨーロッパ旅行 - ジャンル:旅行