旅の恥はかき捨て?
ヨーロッパ旅、好きです。
プロフィール

peteru

Author:peteru
女、38歳、夫と二人暮らし。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



バルト三国旅行 ~5日目~ タリンを歩く、歩く
すごくお天気が良い。

DSCN5338a.jpg
バルト三国の中では、一番エストニアが暖かかった気がする。

緯度は一番高いのだけど。

DSCN5340a.jpg
観光客がいっぱいいる。

おいしそうなカフェもいっぱい。

日本のおしゃれな女性は楽しいんじゃないかな。

雑貨好きな人にもたまらないと思う。

チェコみたいだ。

DSCN5342a.jpg
旧市街はレストランがひしめいている。

DSCN5343.jpg
ヨーロッパの街中って、道の一つ一つに名前がついている。

迷っても分かりやすい。

DSCN5346.jpg
続いての教会は、聖霊教会。

DSCN5348.jpg
14世紀に建立され、今もその時の姿をとどめる唯一の教会。

DSCN5350.jpg
1535年、国内で初めてエストニア語による説教が行われ、貧しい人々が集ったとのこと。

(by『るるぶ』)

DSCN5352.jpg
坂道を上る。

ここはピック・ヤルク通りと言うらしい。

「長い足」という意味。

貴族たちが通った通りらしい。

庶民たちが通る「短い足」という通りもあるらしい。

DSCN5353a.jpg
アレクサンドル・ネフスキー大聖堂に到着。

DSCN5362.jpg

DSCN5354.jpg
1901年にロシアによって建てられたロシア正教教会。

エストニアがロシアからの独立を果たした時代に移転する計画があったそうだが、

実現はしなかったそうだ。

今もなおロシアの脅威を感じているエストニア人の心情からすると、

この場所にロシア正教の教会があることは、あまり気持ちがいいことではないそうだ。

(by『地球の歩き方』)



複雑な事情を抱えたバルト三国の国々が垣間見える。





つづきはこちら
関連記事

テーマ:ヨーロッパ旅行 - ジャンル:旅行