旅の恥はかき捨て?
ヨーロッパ旅、好きです。
プロフィール

peteru

Author:peteru
女、38歳、夫と二人暮らし。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



バルト三国旅行 ~5日目~ タリンのホテル
トラムを乗りなおして、Viruという停留所で下車。

バスターミナルから、4つ目だ。

所要時間5-6分。

エストニアは、なんだか、すごく都会だった。

ビルも多いし、観光客もすごく多い!!!

タリンのお宿はこちら、ターニリーナホテル
DSCN5299.jpg
停留所から歩くこと10分あまり。

予約しているホテルを発見。

今日のホテルはどんなホテルかな。

エストニアはバルト三国の中で一番物価が高く、ホテルももちろん高い。

旧市街に近くて交通の便も悪くない、そこそこきれいなホテルとなると、

2名1泊朝食付きでどうしても1万円を超えてしまう。

他のヨーロッパ諸国に比べたらずっと安いけれど・・・。

節約旅行としては、できれば1万円以下だといいなあと、

検索に検索を重ねた。

限られた資源(お金)の中で最大限に楽しむのが貧乏流。

DSCN5300.jpg
1泊2名朝食付き、68ユーロ(約8800円)。

ネットで見ていた通りの外観で、悪くない感じ。

チェックイン。

お部屋は2F。

階段で荷物を運ぶ。

エレベータがないということを事前情報で知っていた。

スーツケースは結構重いから、3Fとかじゃなくてよかった。

DSCN5301.jpg
中世っぽい雰囲気のあるお部屋だーーー。

アンティークな感じーーー。

女性が好きな感じかも。

DSCN5302.jpg
立地重視、価格重視で選んだからあまり期待してなかったけど、

予想よりずっと可愛らしくてうれしい。

ちょっと狭いけど、寝るだけだし、困らない。

DSCN5304.jpg
バスタブはないけど、シャワー室とトイレとの間に段差があって使いやすそう。

DSCN5306.jpg
広々とした踊り場。

木の床がすてき。

DSCN5307.jpg
踊り場にあるテーブルとイス。

なんか、いいなあ。

日差しが入ってすごく明るい。

いやーん、気持ちいい。

モザイクのガラス戸がこのホテルの雰囲気に合っている。

DSCN5435a.jpg
いいなー。。。

DSCN5450a.jpg
時刻は14:30。

お昼がまだだったため、おなかペコペコ。

旧市街へ、エストニア料理を食べに行こう。





つづきはこちら
関連記事

テーマ:ヨーロッパ旅行 - ジャンル:旅行