旅の恥はかき捨て?
ヨーロッパ旅、好きです。
プロフィール

peteru

Author:peteru
女、38歳、夫と二人暮らし。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



バルト三国旅行 ~4日目~ 今日の夕飯はどうしようか。
遊覧船、楽しかったな。

なんだろ、

ゆっくりまったり進む船が、

あーーー、リガだーーー、っていう感慨を一層深く抱かせるというか。

うまく言えないけど、

旅の実感がものすごく深くなるというか。

それこそ時間が止まったように感じるというか。



ちょうど一時間の遊覧を終えて時刻は18:00。




リガの旧市街に戻ってきた。

これは何屋さんだろう。

遊び心。やっぱりかわいらしい。

DSCN5244.jpg
また、猫。

DSCN5245.jpg
また、廃墟。



バルト三国旅行って言うのは、あれですね、

リゾートへの旅とは一線を画しますね・・・うん・・・。

どちらがイイでも悪いでもなくて、意味合いが違うなーーーっていう意味。

前者はで、後者は旅行なんだろうな。



旅は長期的な何かを悟らせてくれて、

旅行は短期的な快感をもたらしてくれる。

34歳の今、自分が欲したのは前者だったってことか。

今のところ。







ホテルにいったん戻る。





さて、夕飯はどうしようか・・・。

リガの街は夜になり、更に冷えてきた。

旧市街の真ん中のレストランで食べるか、

もしくは、

昨夜同様、ホテル内のレストランで食べるか。

迷うところだ。





ちょっと、部屋で一眠りしてから考えよう・・・。





・・・昼寝(夜寝)して、時刻は21:00。




夕飯の選択は、



後者の、「ホテルのレストランで食べる」に軍配が上がる。

昨夜の料理もおいしかったしねーーー。

ホテルのレストランだと、何かと安心なんですよね。

お酒を飲んで酔っぱらってしまってもお部屋はすぐそこ。

スリに遭う心配とか、万が一の心配がない。



じゃ、レストランへGOGO。




つづきはこちら
関連記事

テーマ:ヨーロッパ旅行 - ジャンル:旅行