旅の恥はかき捨て?
ヨーロッパ旅、好きです。
プロフィール

peteru

Author:peteru
女、38歳、夫と二人暮らし。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



『靖国 YASUKUNI』
★★★★☆

観て良かった。
色々波紋をよんでいたようなので、実際はどんな映画なんだろうと思ったけど、反日、愛日、どちらとも取れる、比較的中立な映画の気がしました。観る人に委ねられると思います。この映画が日本で上映できて良かったと思いました。もし中国で、チベットのドキュメンタリーを放映するなんてことがあったら、中国政府は絶対NGだと思うので・・・。

愛国心や、団結心や、人の尊厳は、大事なことだと思うけど、それらが「ありすぎる」状態というのは、ちょっと気持ち悪いな・・・と感じました。戦争議論に限らず、人は熱くなると、人の話に耳をかさず自己主張を繰り返してしまいがちだけど、それは決してカッコいいもんじゃないですよね・・・。自分も気をつけなきゃ・・・です。

また、「みんなが同じことを言っている」状態、これもちょっと気持ち悪いなと・・・。ひとりひとり違う人間なのに、みんなが口をそろえて同じことを言っている状況って、やっぱり不自然な気がします。政治しかり、宗教しかり。いつもYahoo!の映画レビューを見ているのですが、この「靖国」に対するレビューはひどいです。レビューを「役立ち度」順に並べて見ると、「クソ映画」「日本をバカにしている」など、批判のレビューへの賛成票がダントツに多く、逆に、高評価のレビューへの賛成票は極端に少ない・・・。明らかに不自然で、何らかの組織票があるのではないかと疑ってしまいます・・・。裏事情を知らない人がこれを見たら、真に受けてしまうのでは?と思います。「みんなが同じことを言っている」状況、これはやっぱり、あやしい気がします。

渋谷で見たのですが、普段は映画館に来ないようなおじいさんたちがほとんどでした。このおじいさんたちがどんな感想を持ったのか・・・聞きたかったです。

映画のエンディング、グレツキ「交響曲第3番 悲歌のシンフォニー 第2楽章」でした。名曲です。このPVは「靖国」には関係ありませんが、検索したら出てきたので観てみました。おそらくアウシュビッツで撮られたものと思います。昨夜観て震えました。
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画