旅の恥はかき捨て?
ヨーロッパ旅、好きです。
プロフィール

peteru

Author:peteru
女、38歳、夫と二人暮らし。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ポルトガル旅行~3日目~
3日目。<ベレンへ>


≪ポルトガル 5泊7日 一人旅 日程≫
☆1日目・・・10/30(木) 13:05成田発→ロンドン乗継→21:00リスボン着
☆2日目・・・10/31(金) エヴォラ
★3日目・・・11/01(土) ベレン地区(ジェロニモス修道院 等)
☆4日目・・・11/02(日) シントラ、ロカ岬
☆5日目・・・11/03(月) ファティマ、トマール
☆6日目・・・11/04(火) 7:10リスボン発→ロンドン乗継→
☆7日目・・・11/05(水) 9:10成田着


昨夜の落ちっぷりをやや引きずっていた・・・今日はマイペースで動ければいいなあ・・・と。

これは朝のテレビでやっていたアニメ。ゴレンジャー?
P1025221.jpg
P1025222.jpg
食欲はなかったけど、朝食は食べなきゃだめだなーと思ったので、なんとか食べました。窓を開けると虹が・・・。体が弱っている時にこういうのを見ると、身に沁みます・・・。
P1025227.jpg
朝、8時くらいにホテルを出て、リベルダーデ通りを歩いてコメルシオ広場まで散歩することに。今日は、明日行くロカ岬と同じくらい楽しみにしていたジェロニモス修道院へ行きます。
P1025229.jpg
キレイなリベルダーデ通り。でも、結構、浮浪者が歩いていて怖い瞬間もありました。浮浪者、多いです、リスボン。植民地から引き上げて来た人の働き口のなさが問題になっていると、何かで読んだ記憶があります。でもそれを口にすることはタブーなんだとか。。。
P1025239.jpg
通りの足元はキレイな石畳
P1025236.jpg
ポルトガルの街で不思議なのはどこでも気温が表示されていることです。電車の中にも表示がありました。れこは結構便利です。
P1025241.jpg
コメルシオ広場。今日も良いお天気です。
P1025242.jpg
日記もエアメールも書きたかったので、道端のキヨスク(?)でボールペンを購入。暗~いキヨスクですよ。
P1025243.jpg
街の建物は古くてボロボロです・・・。
P1025244.jpg
ホテルからコメルシオ広場まで歩いてきました。2キロくらい歩いたかな。
P1025245.jpg
コメルシオ広場から市電(トラム)の15番ジェロニモス修道院へ行きます。今日は「リスボンカード」という24時間フリーパスのカードを使います。15ユーロでインフォメーションセンターなどで売っています。その他48時間、72時間カードもあるようです。最初に改札を通った時刻が記憶され、そこから24時間、地下鉄・市電などがフリーパスです。博物館や観光要所も無料・または割引になるので、お得です。(でもこの日、11/1は万聖節で“祝日”だったため、市内の多くの施設が14:00まで無料だったので、使わなくても良かったかも・・・
P1025850.jpg
市電の15番はレトロなチンチン電車です。
P1025246.jpg
20分くらいかかって、ジェロニモス修道院に到着!感動の美しさです。真っ白・・・。思わず、友達に写メールしてしまいました・・・。
P1025253.jpg
P1025255.jpg
P1025257.jpg
右側の教会ではミサをやっていました。
P1025266.jpg
これは、インド航路を発見したヴァスコ・ダ・ガマの棺です。
P1025264.jpg
P1025268.jpg
P1025272.jpg
P1025276.jpg
10:00になり、修道院が開きます。回廊に入ります。石灰岩で作られた緻密な彫刻です・・・。
P1025297.jpg
P1025286.jpg
P1025305.jpg
P1025303.jpg
階段を上って2階に上がります。
P1025309.jpg
P1025314.jpg
P1025316.jpg
P1025321.jpg
ジェロニモス修道院を見終わって、次は発見のモニュメントへ向かいます。ジェロニモス修道院から歩いてすぐのところにあります。
P1025333.jpg
きれいな公園を抜けると、
P1025337.jpg
発見のモニュメントです。
P1025338.jpg
何が驚いたって、ガイドブックで見て想像していたより、ずっとデカいんです。右下に写っているのが、人間です、、、。いかにこの発見のモニュメントが大きいか、お分かりいただけるかと・・・。
P1025345.jpg
エレベーターで屋上に上がると、ジェロニモス修道院が見えます。
P1025351.jpg
一番遠くに、次に行くベレンの塔が見えます。
P1025348.jpg
P1025349.jpg
発見のモニュメントから15分くらい歩くと、ベレンの塔に到着しました。
P1025355.jpg
P1025357.jpg
P1025358.jpg
P1025361.jpg
4月25日橋が見えます。川に浮かぶヨットがかわいいです。
P1025362.jpg
ベレンで有名な、パステル・デ・ナタというお店に行ってきました。どのガイドブックにも載っているし、ナタというエッグタルト(ポルトガルの名物お菓子)が美味しいと評判のお店です。ジェロニモス修道院の近くにあります。ホットカフェオレと一緒に食べました。私はあまり甘い物がすきじゃないのですが、このナタ、美味しいです。周りのパイ生地部分がパリパリと香ばしくて、最高でした。
P1025364.jpg
パステル・デ・ナタは、有名店なので、いつも混んでいるみたい。とくにお持ち帰りは行列です。でも中で食べる分には並ばずに入れました。すごく広いお店なんです。ズカズカと店内に入って、勝手に座ると、店員さんが注文をとって持ってきてくれます。なかなか店員さんが来ないのがアレですが・・・。でも、周りのヨーロッパ人の方は、全然怒らず、のんびりのんびり話をしながら待っているんですね。こういう待ち時間にイライラしちゃったり怒ったりしちゃうのは日本人ぐらいなんでしょうか?そう思って、普段の自分に反省をしつつ、旅日記をつけながら待ちました。昨夜の体調不良はまだ少し続いていたけど、日記を書きなぐっているうちに、落ち着いて来ました・・・。のんびりする時間って大事なんですね・・・あ、周りのカップルのいちゃつきっぷりがスゴかったです。店だろうが、電車だろうが、エスカレーターだろうが・・・。ラテン?文化?
P1025365.jpg
お店を出て、再び市電に乗って、フィゲイラ広場へ行き、37番バスに乗って、サン・ジョルジェ城に到着しました。リスボンカードで割引になり、3.5ユーロ(450円)で入れました。快晴だったこともありますが、リスボン市内が一望できる凄い眺めでした。夕刻はもっとすてきだそうです。一人旅と思われる外国人女性とお互いに写真を取り合ったりして、なんだか気持ちの良い時間が過ごせました。もっとフレンドリーに話せばよかったな・・・。
P1025378.jpg
P1025387.jpg
P1025388.jpg
P1025391.jpg
P1025392.jpg
P1025395.jpg
ネコが。
P1025398.jpg
ギターを弾いているおじさん。
P1025401.jpg
洗濯物がユラユラしている絵になる風景を沢山見ました。
P1025383.jpg
P1025404.jpg
P1025405.jpg
P1025412.jpg
雑貨屋さんでお土産物を見ていたら、強い雨が急に降ってきました。やっぱりリスボンの天気は変わりやすいです。。。このお店、売り物のポストカードに傘をかぶせただけなんて・・・大丈夫なのかな 雨が止むまで、お土産をアレコレ買いました。サン・ジョルジェ城下のこのあたりは、アルファマ地区というところです。特に何か見どころがあるわけではないのですが、人気の場所みたいです。リスボンの人々の生活の中に入り込んだ感覚を味わえます。おばちゃんが大きな声で話していたり、洗濯物がガンガン干されていたり。アルファマ地区は、情緒があります。
P1025425.jpg
P1025417.jpg
P1025418.jpg
ランチをすることに。お店の前でストリートミュージシャン?的な人たちが。
P1025429.jpg
P1025430.jpg
野菜スープと、バカリャウ(干しダラ)の焼いた物を注文しました。干しダラが有名なので一度食べて見たくて。でもこのお店、ハズレました・・・美味しくなかった・・・。じゃがいもなんか、「芽」が付いちゃってるし・・・!芽は毒なのでは!?食べなきゃ体力持たないよなと思って、芽は残して、がんばって食べたけど、それでも全部はムリでした・・・
P1025433.jpg
雑貨屋さん。お昼を食べたからか、元気が戻ってきました。食べるって凄い(マズかったけど)。疲れてたカラダが回復します。
P1025437.jpg
アルファマ地区にあるカテドラルです。
P1025446.jpg
P1025441.jpg
P1025443.jpg
街にはやっぱり古い建物が多い。
P1025448.jpg
夜のサンタ・ジュスタエレベーター
P1025207_20081106223439.jpg
乗っているお客さんを隠し撮り・・・ゴメンナサイ。すんごい美人さんでした。
P1025451.jpg
今夜は、初日に一緒にタクシーに乗ったTちゃんと、ファドハウスに行くことになっています。インフォメーションセンターがあるフォス宮に18時に待ち合わせし、夜のバイロ・アルト地区へ向かいます。ファドが始まるのは21時くらいからなので、一杯ひっかけてから行くことに。ふらっと入ったバーは、ハッピーアワーで、ビール1杯1ユーロと、激安でした。Tちゃんと、昨日と今日のリスボン観光について情報交換。
P1025461.jpg
行こうと決めていたファドハウスは残念ながらお休みだったので、近くにあった有名ファドハウス、LUSOへ。ガイドブック「地球の歩き方」にも載っています。食事をしながら、ファドが楽しめるお店です。客引きのおじさんが、超明るくてウケました。日本人客も多数来るからか、「ありがとう」「こんにちは」などの日本語をご存知でした。ちなみに、「クルクルパー」という日本語もご存知でした。誰でしょうか、彼にそんなことを教えたのは・・・
P1025851.jpg
P1025463.jpg
ここで、ずっとリスボンで食べたかった、アローシュ・デ・マリシュコ(魚介のリゾット)を食べました!すっごく美味しかったです!お鍋できて、たっぷりの量でした。あと、Tちゃんと一緒に、ヴィーニョ・ヴェルデという、“緑の(若い)ワイン”意味のワインを飲みました。これがとても美味しい!白ワインで、アルコール度数が9%程度と低いので飲みやすいです。微炭酸です。
P1025466.jpg
Tちゃんが頼んだバカリャウ(干しダラ)。ちょっといただいたら、私がお昼に食べた物の100倍美味しかったです。このお店は、ミニマムチャージが25ユーロで、それ以上注文すればOKというシステムです。ショーチャージということですね。でも、さすがに有名店だけあって、お高いです。私のは1品38ユーロ(5,000円)ほど。Tちゃんのも同じくらいしましたから。でも美味しかったから大満足でした。。。
P1025467.jpg
ファドあり、ダンスショーあり、楽しめました。ファドは、日本で言うところの演歌?のようなもので、哀愁を表現した歌とのこと。きれいな声でした。男声も女声も聞けたのでよかったです。
P1025470.jpg
P1025478.jpg
ファドは午前2時くらいまでやっているようですが、夜が更けてきたとこで23時前にはバスに乗って二人で帰りました。タクシーでも良かったんですが、街は安全そうだったので、バスにしちゃいました。夜のリスボンはとっても寒かったです!Tちゃんがいなければ、ファドハウスには来れなかったと思います。やっぱり一人じゃ入りにくい感じなので。感謝です。あれこれ沢山話せたし、笑うことができました。いつの間にか、昨夜のブルーな気分はゼロになってました・・・。この時から帰国まで、ずっと元気に過ごすことができました。バスを降りて、Tちゃんとお別れです。Tちゃんはこの先1ヶ月、ポルトガル~スペインを旅するそうです。「良い旅を!」・・・なんて、別れを惜しんだものの、、、・・・この後、偶然を含め、2度もTちゃんと会ってしまいます。。。


ポルトガル旅行~4日目~へ つづく

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行