旅の恥はかき捨て?
ヨーロッパ旅、好きです。
プロフィール

peteru

Author:peteru
女、40歳、夫と二人暮らし。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも一覧



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



仕上げは、、、仕上げのハプニングは。
2018年5月7日
9:00

ほぼ定刻に成田空港到着したじゃないですか。

問題ないじゃないですか。

もうあとはバスに乗って家に帰るだけじゃないですか。

でもね・・・

旅の神様はまだ微笑んでくれてなかったんですよーーー。

日本に到着しても、まだ、旅の神様、

(=∀=)

こんな顔してたんですよ。



何があったか、、、

ええ、

カンのいい方ならもうお分かりかと思いますが・・・。



スーツケースを受け取りに、ターンテーブルを見ていたのですが、待てど暮らせど、回ってこない。

しかも、携帯の電源を入れてみたら、こんな不穏なメールが届いている。

Screenmemo_share_2018-06-10-20-12-05.jpg

あなたの荷物は到着には間に合いません。
まだ輸送中です。
KLMのバゲッジカウンターに行って下さい。


ロストバゲッジ、キタ━(゚∀゚)━!

急いでKLMのバゲッジカウンターに行ってみる。

カウンターで、記入用紙にあれこれ記入させられました。スタッフに、スーツケースの特徴とかを伝えるも、何を入れてたかおぼろげにしか覚えてないので、結構テンパっちゃいまいた・・・。スーツケースの色も間違えて伝えちゃうし。(帰りのバスの中で訂正の電話をした)
訳わからない説明をしちゃってごめんなさい・・・。

スタッフのお姉さん曰く、

「おそらく、これは私の想像ですが、お客様の昨日のフライトが変更になって、リスボンからアムステルダムへは通常通り輸送されたはずなんですが、乗り継ぎ箇所のアムステルダムで、“この荷物はなんだ?”ってことになったんだと思います。」

とのこと。

元々のリスボン→ワルシャワ→成田のタグがあるのに、なぜアムステルダムに荷物が来たんだ?不審物か?となったんだろうと。。。

致し方なし・・・。

記入用紙を提出し、スーツケースの鍵を預けます。不審なものが入ってないか、成田空港の検疫で一旦開けてチェックするんだそうです。なるほどーーー。発見され次第、お電話しますとのこと。

ここで感じたのは・・・、日本人スタッフのホスピタリティの凄さでしたね・・・。ちゃーんと謝ってくれて。。。いやいや、あなた様のせいじゃないんですよ。リスボン空港か、アムステルダム空港の職員の手違いのせいなんですよ。。。それにも関わらず、「申し訳ございません」の嵐。。。私のつたない状況説明にも関わらず、スタッフの女性はイライラを見せることなく、接してくれた。どの客にも。。。大変な仕事だ。。。日本、大変だ。リスボンだったら、めんどくさそうに、ぶっきらぼうに応対しますよ、絶対。リスボンに限らず、日本以外、全部かもしれませんね。。。おもてなしの国、日本、すごいな・・・。

スーツケースには着替えとお土産のみ入れていた。貴重品は入ってないとは言え、せっかく買ったお土産も入っているからなあ。。。無事に届くことを祈りたい・・・。

そして、フライトキャンセル仲間のSさんもロストバゲッジのようでした・・・。
「ロストだわーーー」って嘆いてました・・・。
。゚(゚´Д`゚)゚。

フライトキャンセルからの、フライト変更からの、ロストバゲッジ・・・。
ありがちと言えば、ありがちな話なのかもしれませんね。普通に届く方が奇跡な気もする。



10:15
Sさんと別れ、地元行きの空港バスに乗り込み、帰路。1時間ちょいで到着。

日本でまず最初に食べるもの、それは、毎度おなじみ、

IMG_1160.jpg
定番のラーメンですよーーー。塩分が染み渡る。小ビールもね。
\(//∇//)\

しかしまあ、このハプニングの連続は何のせいなんだ?おそらく、大殺界真っ只中だからだと思われ・・・。だってそれくらいしか思い当たるフシ、ないもん。

ハプニングその一。
往路での乗り継ぎ便フルブッキング、
まさかの、二回乗り換え、
成田→ワルシャワ→ミュンヘン→リスボン。

ハプニングその二。
ロカ岬でのバス停降り間違え。
見ず知らずの道路を歩き続けた。

ハプニングその三。
復路でのフライトキャンセル、からの、リスボン延泊。
4泊6日の予定が、5泊7日に。

ハプニングその四。
極めつけは、
ロストバゲッジーーーーー!!!

わぁ。。。
ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ



この日は結局、空港からの電話はありませんでした。

翌日、時差ぼけ状態で会社に出社。が、スーツケースのことでアタマがいっぱい。気が気でなく。常に携帯を意識してました。電話が来るんじゃないかって。大丈夫かなー、どこ行ったんだ、私のスーツケース。初ロストバゲッジだったから、かなり心臓バクバクでしたね。

お昼休みの最中、見慣れない番号から電話が来ました。「これは!!!???」と思い出てみるとビンゴ!

「お客様のスーツケースが今成田空港に届きました。本日の宅配便でお送りしますので、明日午前中にお届します。この度は大変ご迷惑をお掛けしました。」

やったーーー。嬉しい。泣きそう。謝ってくれる日本人スタッフの心意気に泣ける。気持ちが落ち着きましたよーーー。
。゚(゚´Д`゚)゚。

Sさんにも連絡を取ってみる。すると、Sさんも連絡が来ていたそうで。安心したーーー。良かったーーー。

翌日、しっかりスーツケースを受け取りました。しかし、やはり、税関でチェックをうけたらしく、中身は多少いじられてました。グラス(激安のですが)だけ、割れちゃってましたねーーー。でも無事着いて良かった。。。

以上で、長々と書いてきたリスボン旅行記はおしまいです。色々ありましたが、いろんな人に助けられましたねー。旅慣れた知人には、

『もう、ハプニング無しの旅なんか、物足りなくなるよ』

とのご教示を頂きました(笑)。
ええーーーっ。そんなのいらなーい。
でもきっと、ハプニングを乗り越える度に心臓が強くなること、間違いなしです。
(*_*;

それでは次の旅まで、しばしの貯金休憩です。
ありがとうございました。
m(_ _)m

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行